全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ノロ終息せず 5月157人 十勝

ノロウイルス感染予防には、手のひらだけでなく、指の間、手首などを「ウイルスをはがし落とす」ように洗う必要がある(帯広市内の児童施設で)

 十勝管内でノロウイルスの流行が終息せず、集団感染が相次いでいる。今年5月は保育所などの集団感染が7件、157人となり、5月としては過去5年で最多となった。帯広保健所は「季節柄、食中毒と間違えやすいが、嘔吐(おうと)や下痢などの症状が出たときは、まずノロウイルスを疑って。人が集まる施設や家庭では、手洗いと消毒を徹底してほしい」と注意を呼び掛けている。

 今年5月は管内の保育所で30~40人規模の集団感染が3件も発生したことが特徴。8~11日は園児ら33人、13~25日は園児ら41人、21~31日は園児ら29人が嘔吐や下痢などの症状に見舞われ、有症者からノロウイルスを確認した。

 ノロウイルスは二枚貝などに含まれ、強い感染力を持つ。感染者が使用した後の便器や手指などを介したり、便や吐しゃ物に含まれるウイルスが室内のちりに付着し、空気感染することもある。ウイルスが乾燥した空気や寒さを好むことから11月から3月までが流行期と言われるが、5月も過去5年間(13年以降)の有症者数を見ると、70人、45人、35人、72人、64人と集団感染(ロタウイルスなども含む)が起きている。

 感染者数が全体で150人以上に達したことについて、保健所の健康推進課は「原因は特定できていないが、冬に発生するというイメージが強いため対処が遅れたことがある」と見ている。これを踏まえ「昨年は6月も集団感染が6件、129人と多かった。今年も注意を続けてほしい」と警戒を呼び掛けている。

 ノロウイルスは消毒用エタノールや逆性せっけんでは感染力が落ちない。このためトイレに行った後や調理や食事の前には、手のひらだけでなく、指の間や手首からウイルスをはがし落とすように丁寧に洗うことが必要になる。

 また、家庭で子どもや高齢者が嘔吐した場合は「次亜塩素酸ナトリウムが含まれた家庭用漂白剤などを希釈して消毒液をつくり、ペーパータオルなどに浸して拭き取る方法が一番」(同課)。スプレーではウイルスが舞い上がってしまうため、拭き取りによる消毒が効果的としている。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク