全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

演劇「迸る!」豊橋で製作発表

豊川用水通水50周年記念

 豊川用水の通水50周年を記念する演劇「迸(ほとばし)る!」の製作発表会が3日夜、穂の国とよはし芸術劇場PLATで開かれた。「上演する会」(会長=白井良始・JA豊橋組合長)や会の顧問に就いた彦坂守・オーテック相談役らが「多くの市民に見てもらいたい」などとあいさつした後、出演する13人が劇に臨む姿勢を披露した。  発表会で原作者の住田真理子さんは、「神戸で阪神大震災に遭い、1カ月間水なしの生活を体験し、水のありがたさを痛感した」と自らの経験を踏まえて、水資源の大切さを描いた劇の内容を紹介した。また演出の城田文孝さんが出演者やスタッフを紹介。豊橋を中心に活動している役者たちが上演に挑む抱負を順番に語った。  1968(昭和43)年6月から通水が始まった豊川用水は、東三河地域の農業、水道、工業などの用水をまかなっている。その恩恵を受け、東三河の農業は劇的に変わって成長。全国有数の生産高を誇るようになった。  「迸る!」はかつて水不足に苦しんだ人々や豊川用水の整備に携わった人々の苦労などを描く。脚本は城田多見子さん。発表会ではクライマックスとエンディング曲も披露された。  上演は今年9月22、23日にPLAT、また29、30日に豊川市のハートフルホールで。チケットはPLATや豊川市文化会館などで取扱中。「迸る!」公演は県や豊橋市、東愛知新聞社などが後援。

関連記事

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

長野日報社

災害への備え再確認 防災拠点巡るウオーキング JOCA駒ケ根

 JOCA(青年海外協力協会、本部・長野県駒ケ根市)駒ケ根は11日、同市中心部の防災拠点などを巡って、能登半島地震被災地にエールを送るウオーキングイベント「ゴッチャ!ウオーク」を開いた。子どもか...

長野日報社

防災への意識高めて あすウオーキングイベント JOCA駒ケ根

 能登半島地震で被災した住民らを応援するイベント「ゴッチャラリー2024」(生涯活躍のまち推進協議会主催)が11日まで、JOCA(本部・長野県駒ケ根市、青年海外協力協会)の拠点を中心に全国各地で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク