全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

テノール歌手・市原多朗さん(酒田市名誉市民) 若手声楽家へ公開レッスン

 酒田市出身の世界的なテノール歌手で同市名誉市民の市原多朗さん(68)=東京都、東京藝術大客員教授=による若手声楽家への公開レッスンが2日、同市の希望ホールで行われ、世界の聴衆を魅了した技と心を伝授した。3日には同会場でこの若手声楽家がコンサートを開き、レッスンの成果を披露した。

 酒田市は今年3月、芸術文化の振興を魅力あるまちづくりにつなげようと、市文化芸術基本条例、市文化芸術推進計画を制定・策定した。今回はそれに基づき、市などが主催する酒田希望音楽祭の目玉事業の一つ「市原多朗マスターコース」として実施した。

 訪れた若手声楽家は、いずれもプロとして活躍している藤谷佳奈枝さん(ソプラノ)、金城理沙子さん(同)、山下裕賀さん(メゾソプラノ)、澤原行正さん(テノール)、喜納響さん(同)、山田大智さん(バリトン)の6人。5月31日から2日まで市原さんのレッスンを受け、3日に「希望の船出コンサート」を開いた。

 このうち2日の公開レッスンは老若男女約110人が聴いた。若手声楽家が1人30分程度ずつ、翌日に歌うオペラのアリアを中心に習った。市原さんは「歌は農業に似ている。土地を耕し、種をまくなどさまざまな段階を経て収穫に至る」「はとバスに乗った時、ガイドの歌が下手だった理由を考え、簡単にうまく聞こえる方法に気付いた。歌いだしに前の拍を感じて歌うと、心がこもって聞こえる」など、自らの体験を交え、聴衆にも音楽の魅力や奥深さを軽妙に語りながら進めた。

 また、レッスン冒頭には、澤原さんと喜納さんの二人が“歌の決闘”として、翌日のコンサートで歌う権利を賭け、ドニゼッティの歌劇「ランメルモールのルチア」の同じアリアを歌った。聴衆の投票で喜納さんが歌う権利を獲得。2人の後、市原さんが同じ曲の一節を歌うと、圧倒的な声量と情感に、聴衆は引き込まれるように聴き入り、「やっぱりすごい」など大きな声援と拍手を送った。

 市は市原さんと若手声楽家との交流を今後も継続する方針。今回の関連経費は来年3月31日まで220万円を目標に、ふるさと納税制度を使って寄付を募るガバメント・クラウドファンディングで賄う。お礼の品は希望ホール大ホールの利用権(寄付額100万円)から同市産の米7キロ(同1万円)、メロン(同)などさまざま。詳細は実施サイト「ふるまる」へ。

若手声楽家へのレッスンを行う市原さん(中央)=2日、希望ホール

関連記事

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク