全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

テノール歌手・市原多朗さん(酒田市名誉市民) 若手声楽家へ公開レッスン

 酒田市出身の世界的なテノール歌手で同市名誉市民の市原多朗さん(68)=東京都、東京藝術大客員教授=による若手声楽家への公開レッスンが2日、同市の希望ホールで行われ、世界の聴衆を魅了した技と心を伝授した。3日には同会場でこの若手声楽家がコンサートを開き、レッスンの成果を披露した。

 酒田市は今年3月、芸術文化の振興を魅力あるまちづくりにつなげようと、市文化芸術基本条例、市文化芸術推進計画を制定・策定した。今回はそれに基づき、市などが主催する酒田希望音楽祭の目玉事業の一つ「市原多朗マスターコース」として実施した。

 訪れた若手声楽家は、いずれもプロとして活躍している藤谷佳奈枝さん(ソプラノ)、金城理沙子さん(同)、山下裕賀さん(メゾソプラノ)、澤原行正さん(テノール)、喜納響さん(同)、山田大智さん(バリトン)の6人。5月31日から2日まで市原さんのレッスンを受け、3日に「希望の船出コンサート」を開いた。

 このうち2日の公開レッスンは老若男女約110人が聴いた。若手声楽家が1人30分程度ずつ、翌日に歌うオペラのアリアを中心に習った。市原さんは「歌は農業に似ている。土地を耕し、種をまくなどさまざまな段階を経て収穫に至る」「はとバスに乗った時、ガイドの歌が下手だった理由を考え、簡単にうまく聞こえる方法に気付いた。歌いだしに前の拍を感じて歌うと、心がこもって聞こえる」など、自らの体験を交え、聴衆にも音楽の魅力や奥深さを軽妙に語りながら進めた。

 また、レッスン冒頭には、澤原さんと喜納さんの二人が“歌の決闘”として、翌日のコンサートで歌う権利を賭け、ドニゼッティの歌劇「ランメルモールのルチア」の同じアリアを歌った。聴衆の投票で喜納さんが歌う権利を獲得。2人の後、市原さんが同じ曲の一節を歌うと、圧倒的な声量と情感に、聴衆は引き込まれるように聴き入り、「やっぱりすごい」など大きな声援と拍手を送った。

 市は市原さんと若手声楽家との交流を今後も継続する方針。今回の関連経費は来年3月31日まで220万円を目標に、ふるさと納税制度を使って寄付を募るガバメント・クラウドファンディングで賄う。お礼の品は希望ホール大ホールの利用権(寄付額100万円)から同市産の米7キロ(同1万円)、メロン(同)などさまざま。詳細は実施サイト「ふるまる」へ。

若手声楽家へのレッスンを行う市原さん(中央)=2日、希望ホール

関連記事

宇部日報社

感謝弁当で恩師を接待

 山口県山陽小野田市の厚狭高(徳田充校長)総合家庭科3年生は17日、松花堂弁当を作り教職員38人に振る舞った。卒業を間近に控えた生徒による恒例行事で、授業で学んだ知識と技術で地元の食材と向き合い...

トムラウシ山野営指定地にトイレ増設 新得

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の環境改善に取り組む「環境対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が15日、新得町役場庁舎で開かれた。来年度は野営指定地での携帯トイレブースを増設...

長野日報社

平穏祈り恵方に矢 長野県諏訪地方各地で「山の神祭」

 諏訪地方の各地で17日、山の安全や地域の無事平穏を祈る「山の神祭」があった。下諏訪町第三区は町内の国道142号沿いにある山の神社で行い、区役員や町内会長をはじめ区民約70人が参加。手作りの弓矢を...

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク