全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

テーマソング「ぼくらの竹島水族館」お披露目

スタッフとひろはまさんで作詞

 蒲郡市竹島水族館のテーマソング「ぼくらの竹島水族館」が完成し、3日、作詞した言の葉墨彩画家ひろはまかずとしさん(68)=同市=と、作曲したシンガーソングライターの「ひおり」(本名・金子初音)さん=神奈川県横須賀市=らがステージでお披露目した。  ひろはまさんが「水族館とともに竹島周辺がにぎわってきた。今後も頑張ってほしい」と今年に入って親交のある小林龍二館長に持ちかけて歌をつくることに。作詞をする際には飼育スタッフに館内のセールスポイントを挙げてもらった。作曲は東日本大震災被災地支援活動で知り合った金子さんが手がけた。  歌は5番まであり、「ぼ ぼ ぼくらの竹島水族館」で始まり、「さわってどきどき さわりんプール。やさしくタッチタカアシガニ」など体験や展示する水槽を取り上げた。曲調はウクレレの伴奏でゆっくりとしたテンポとなり、「穏やかな館内の雰囲気を表しました」と金子さんは話す。  この日午後1時過ぎ、アシカショーのステージにひろはまさんと知り合いの小学生4人、金子さんが立ち、歌を披露。スタンドに詰めかけた観客も一緒に歌った。  「大好きな水族館と竹島が興じてつくりました。今後も子どもたちから大人まで親しんでもらえれば」とひろはまさん。  同館ではアシカショーを行う際にテーマソングを流していくという。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク