全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

テーマソング「ぼくらの竹島水族館」お披露目

スタッフとひろはまさんで作詞

 蒲郡市竹島水族館のテーマソング「ぼくらの竹島水族館」が完成し、3日、作詞した言の葉墨彩画家ひろはまかずとしさん(68)=同市=と、作曲したシンガーソングライターの「ひおり」(本名・金子初音)さん=神奈川県横須賀市=らがステージでお披露目した。  ひろはまさんが「水族館とともに竹島周辺がにぎわってきた。今後も頑張ってほしい」と今年に入って親交のある小林龍二館長に持ちかけて歌をつくることに。作詞をする際には飼育スタッフに館内のセールスポイントを挙げてもらった。作曲は東日本大震災被災地支援活動で知り合った金子さんが手がけた。  歌は5番まであり、「ぼ ぼ ぼくらの竹島水族館」で始まり、「さわってどきどき さわりんプール。やさしくタッチタカアシガニ」など体験や展示する水槽を取り上げた。曲調はウクレレの伴奏でゆっくりとしたテンポとなり、「穏やかな館内の雰囲気を表しました」と金子さんは話す。  この日午後1時過ぎ、アシカショーのステージにひろはまさんと知り合いの小学生4人、金子さんが立ち、歌を披露。スタンドに詰めかけた観客も一緒に歌った。  「大好きな水族館と竹島が興じてつくりました。今後も子どもたちから大人まで親しんでもらえれば」とひろはまさん。  同館ではアシカショーを行う際にテーマソングを流していくという。

関連記事

東栄でチェンソーアート競技大会開幕

 第19回日本チェンソーアート競技大会in東栄(とうえい宝の山づくり実行委員会主催、東愛知新聞社など後援)が25日、東栄町の東栄ドーム一帯で始まった。国内外の出場者が自動式ノコギリを駆使して丸太を削っ...

紀伊民報社

「川の参詣道」に新たな舟

 「川の参詣道」として世界遺産に登録されている熊野川を下る川舟が新たに製作され、24日に進水式があった。これまで使ってきた舟が老朽化する中、川舟を運航する新宮市の一般財団法人「熊野川町ふれあい公...

荘内日報社

五穀豊穣願い手植え 献饌田で「御田植祭」

 鶴岡市の出羽三山神社に奉納する米の「御田植祭」が24日、同市羽黒町玉川にある大鳥居そばの献饌田(けんせんでん)で行われた。同神社の巫女(みこ)や山伏が五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えを行った。 ...

宇部日報社

初めてのまちなかフラワーフェスタ&緑化祭始まる

 第1回まちなかフラワーフェスタ&緑化祭が25日、宇部新天町名店街で始まり、花と緑で飾られたアーケード内は多くの人でにぎわっている。宇部新天町名店街協同組合(熊谷満之理事長)主催。市、宇部小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク