全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

本因坊戦 金勇で注目の第3局

張り詰めた空気の中、本因坊戦第3局が始まった(能代市柳町の旧料亭金勇で)

 井山裕太本因坊(29)=本因坊文裕(もんゆう)、九段=に山下敬吾九段(39)が挑戦する囲碁の第73期本因坊戦七番勝負第3局が2日、能代市柳町の旧料亭金勇で始まった。初日は山下九段が61手目を封じて、打ち掛け(中断)となった。対局はきょう3日午前9時に再開、夜までに決着する見通し。木都を象徴する金勇を舞台にしたみたびの能代決戦に、囲碁ファンらの注目が高まっている。
 本因坊戦の能代・金勇開催は28年6月以来、2年ぶり3回目。囲碁のタイトル全7冠を保持し、今年2月には国民栄誉賞を受賞した井山本因坊と、七大タイトル通算14期のトップ棋士で、第70期以来3年ぶりの挑戦となる山下九段との対局。第1局(5月15、16日、山口県萩市)は山下九段、第2局(同23、24日、京都市)は井山本因坊が制しており、第3局は今後の勝負の行方を左右する重要な一局となる。
 金勇の2階大広間に設けられた対局場には、午前8時53分ごろ山下九段が先に姿を見せ、その2分後に井山本因坊が着座。張り詰めた空気の中、午前9時に碁笥(ごけ)が開かれた。先番の山下九段が初手を右上隅小目(17四)に打つと、これを井山本因坊が左上隅星(4四)と受け、2日間にわたる熱戦の火ぶたを切った。
 開局の様子は斉藤市長、主催・協賛側、日本棋院能代山本支部関係者、市民ら約40人が観戦した。会場近くのプラザ都ではプロ棋士による大盤解説会が開かれ、各地から集まった囲碁ファンらがハイレベルな攻防を見守ったほか、プロの胸を借りる指導碁、2年前に本因坊戦に挑戦した高尾紳路九段と能代市出身の脚本家・加藤正人さんによるトークイベントなども行われた。

関連記事

長野日報社

品種も多彩シクラメン 信大農学部構内で鉢植え販売

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で、学生らが育てたシクラメンの鉢植えの販売が行われている。今年新たに栽培を手掛けた2品種を含む20品種1600鉢を用意。多彩な花姿や鮮やかな色合いに...

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク