全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

穂別に古生物学研究分室 むかわ町と北海道大学総合博物館が覚書締結

覚書を持って握手を交わした竹中町長(右)と中川館長

 むかわ町と北海道大学総合博物館は5月31日、同博物館の古生物学研究分室を同町穂別の穂別博物館に設ける覚書を締結した。両者はこれまで、穂別地区で見つかったハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石「むかわ竜(通称)」の発掘や研究で連携してきた。今年の夏をめどに試行的に設置する。

 町と北大総合博物館は2014年に古生物学の研究と普及啓発、地域振興を目的にした相互協力協定を結んでいる。覚書はこれまでの連携をさらに深め、むかわ竜などの研究をさらに強化していく狙いがある。分室は穂別博物館のかせき学習館内に設け、21年度に計画されている穂別博物館のリニューアルに合わせて、正式に開設する流れだ。

 北大総合博物館が研究分室を設けるのは初めて。同博物館では分室があることで、穂別地区での化石発掘や現地調査の後すぐに資料の整理、研究に取りかかれ、質の高い研究につながると期待を寄せる。

 北大総合博物館で竹中喜之町長と中川光弘館長が覚書を締結した。竹中町長は「穂別博物館には多くの海と陸の古生物化石が収集されている。分室があることで古生物研究の拠点の一つになってほしい」と述べた。中川館長は「国内外の研究者が集う拠点になる」と話し、「むかわ竜の価値を最大限に生かし、他の研究分野と観光面にも波及効果が期待できる」と説明した。

 むかわ竜の研究を進めている北大総合博物館の小林快次准教授は「穂別に研究の拠点を設けることで刺激を受けた地元の子供たちから将来の古生物研究者が出てくるかもしれない」と話していた。

関連記事

100年前に思いはせる 賢治ウオークに20人 苫小牧

詩人、童話作家宮沢賢治の来苫から21日で丸100年を迎えるのを前に18日、賢治が苫小牧で歩いた道をたどる「百年目の賢治ウオーク」が行われた。市民ら20人が参加。初夏の日差しが降り注ぐ中、当時の情景...

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク