全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

穂別に古生物学研究分室 むかわ町と北海道大学総合博物館が覚書締結

覚書を持って握手を交わした竹中町長(右)と中川館長

 むかわ町と北海道大学総合博物館は5月31日、同博物館の古生物学研究分室を同町穂別の穂別博物館に設ける覚書を締結した。両者はこれまで、穂別地区で見つかったハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石「むかわ竜(通称)」の発掘や研究で連携してきた。今年の夏をめどに試行的に設置する。

 町と北大総合博物館は2014年に古生物学の研究と普及啓発、地域振興を目的にした相互協力協定を結んでいる。覚書はこれまでの連携をさらに深め、むかわ竜などの研究をさらに強化していく狙いがある。分室は穂別博物館のかせき学習館内に設け、21年度に計画されている穂別博物館のリニューアルに合わせて、正式に開設する流れだ。

 北大総合博物館が研究分室を設けるのは初めて。同博物館では分室があることで、穂別地区での化石発掘や現地調査の後すぐに資料の整理、研究に取りかかれ、質の高い研究につながると期待を寄せる。

 北大総合博物館で竹中喜之町長と中川光弘館長が覚書を締結した。竹中町長は「穂別博物館には多くの海と陸の古生物化石が収集されている。分室があることで古生物研究の拠点の一つになってほしい」と述べた。中川館長は「国内外の研究者が集う拠点になる」と話し、「むかわ竜の価値を最大限に生かし、他の研究分野と観光面にも波及効果が期待できる」と説明した。

 むかわ竜の研究を進めている北大総合博物館の小林快次准教授は「穂別に研究の拠点を設けることで刺激を受けた地元の子供たちから将来の古生物研究者が出てくるかもしれない」と話していた。

関連記事

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定 帯広

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定し...

黄金色に輝く稲穂 超早場米の収穫始まる

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米(1期米)の収穫が始まっている。石垣市新川平田原では22日午前、市内新川の水稲農家・山根政人さん(45)が黄金色に実った稲穂の収穫に汗を流していた。収穫した米は...

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク