全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「クジラの歯みがき」公開 太地の博物館

興味津々な様子でハナゴンドウなどの歯磨きを観察する子どもら(1日、太地町で)

 「歯と口の健康週間」(4~10日)にちなみ、和歌山県太地町の町立くじらの博物館では1日から、同館で産まれた雄のハナゴンドウ「レン」(体長255センチ、3歳)などの歯を磨く「クジラの歯みがき」の一般公開を始めた。10日まで。  歯と口の健康について再認識してもらいながら、種類や成長の度合いによって異なる鯨類の歯にも興味を持ってもらおうと、博物館が毎年催している。  同館ふれあいの海にある飼育いけすで、ハナゴンドウ3頭とコビレゴンドウ1頭の歯を、飼育員がそれぞれの特徴を紹介しながら掃除用のブラシを使って磨いた。歯磨き後は口から勢いよく水を吹く「うがい」も披露し、観客を楽しませた。  「クジラの歯みがき」は午前10時15分と午後0時15分、午後2時15分からのクジラショーの後に公開する。  問い合わせは、くじらの博物館(0735・59・2400)へ。

関連記事

紀伊民報社

灯籠300個河原彩る 観燈祭で撮影会

 和歌山県田辺市龍神村の龍神温泉で、温泉街を灯籠で彩る「観燈祭」が開かれている。17日まで。  冬季に観光客を呼び込もうと龍神観光協会が催す恒例イベント。期間中、龍神温泉街のほか、村内の民宿や飲...

一面の雪原キャンバス 一日がかり足跡アート 中札内

 雪原にミステリーサークル!? 中札内村のとある場所に幾何学模様が出現した。上から見ると、まるでアート作品のようだ。  村の地域おこし協力隊の梶山智大さん(33)が2月下旬に300メートル×4...

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。  世界農業遺...

奄美の黒糖焼酎も好評 東京で「かごしま食の大交流会」

 鹿児島県の特産品と観光の魅力をアピールする「かごしま食の大交流会inTOKYО」が1月31日、東京都内のホテルであった。日本一の評価を受けた鹿児島黒牛とともに、2020年の世界自然遺産登録を目指...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク