全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「クジラの歯みがき」公開 太地の博物館

興味津々な様子でハナゴンドウなどの歯磨きを観察する子どもら(1日、太地町で)

 「歯と口の健康週間」(4~10日)にちなみ、和歌山県太地町の町立くじらの博物館では1日から、同館で産まれた雄のハナゴンドウ「レン」(体長255センチ、3歳)などの歯を磨く「クジラの歯みがき」の一般公開を始めた。10日まで。  歯と口の健康について再認識してもらいながら、種類や成長の度合いによって異なる鯨類の歯にも興味を持ってもらおうと、博物館が毎年催している。  同館ふれあいの海にある飼育いけすで、ハナゴンドウ3頭とコビレゴンドウ1頭の歯を、飼育員がそれぞれの特徴を紹介しながら掃除用のブラシを使って磨いた。歯磨き後は口から勢いよく水を吹く「うがい」も披露し、観客を楽しませた。  「クジラの歯みがき」は午前10時15分と午後0時15分、午後2時15分からのクジラショーの後に公開する。  問い合わせは、くじらの博物館(0735・59・2400)へ。

関連記事

紀伊民報社

にぎわい最高潮 盆休みの白良浜海水浴場

 盆休みは和歌山県白浜町の白浜温泉街が一年で最もにぎわう時期。好天となった14日、白良浜海水浴場は午前中から多くの人出で混雑した。「白浜の夏」は最高潮を迎えている。  白良浜のサーフパトロール本...

紀伊民報社

自転車で和歌山巡ろう スマホでスタンプラリー

 和歌山県と県観光連盟は、県が整備したサイクリングロードを巡ってもらおうと「モバイルスタンプラリー」を実施している。スマートフォンやタブレット端末と連動させた初の企画で、県内各地に設けたチェックポ...

豊橋総合動植物公園で「ナイトズー」始まる

 夜の動物園が楽しめるイベント「ナイトZOO(ズー)」が11日、豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)で始まった。今回から観覧エリアを拡大、トラとライオン、リスザルも見られるようになり、家族連れらは...

宇部日報社

10日から常盤公園でチームラボの企画

 デジタルアート集団・チームラボによるイベント「世界を旅する植物と、花と共に生きる動物たち」(山口県宇部市主催)は、10日から11月4日まで夜のときわミュージアム「世界を旅する植物館」で開かれる...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク