全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

虫食い材のテーブル 市長室に第1号

あかね材のテーブルを囲み歓談する真砂充敏市長(中央)とプロジェクトチームのメンバー=1日、田辺市長室で

 虫害を受けた木材「あかね材」の活用を通じ、熊野の森林再生に取り組む和歌山県田辺市内の事業者によるプロジェクトチームが1日、あかね材で作ったテーブル第1号を市長室に納品した。節や虫食いをありのままデザインした存在感あるテーブルが、市内外からの来客を迎えることになる。

 あかね材はスギノアカネトラカミキリの幼虫に食害された木材。強度や耐久性に問題はないが、見た目やイメージで敬遠され、安価で取引されやすい。その影響で、林業従事者が減れば、森林の管理が不十分になり、さらに虫害が増える悪循環に陥る。  プロジェクトチーム「Boku Moku」は、市内の植栽業者、製材所、木工所、家具店、建築士、デザイナーら、市の人材育成事業「たなべ未来創造塾」の修了生を中心に、昨年12月に設立。あかね材を生かした家具の製作・販売、森林環境保全の啓発などに取り組んでいる。  テーブルは縦3・6メートル、横1・2メートルで、天板の厚さは4センチ。紀州材のヒノキ4枚を接いで製作した。天板や脚には節や虫食いがデザインとして活用されている。製材から設計、加工までチーム内で手掛けた。  この日、チームの7人が市長室を訪問し、テーブルに込めた思いなどを語った。  真砂充敏市長は「非常に良いテーブルでうれしい。市長室にはいろんな来訪者がある。テーブルは話題にしやすい。あかね材を通じ、木材の魅力や森林の現状を宣伝したい」と喜んだ。  チーム代表の榎本将明さん(40)は「どんな木も個性と受け止め、新たな価値をつくり出し、発信するのがチームの役目。こうやって光が当たるのはうれしい。少しずつ注文も来ている。もっと知ってもらいたい」と話した。  あかね材製の家具は受注生産。4人掛けのシンプルなテーブルなら10~15万円で提供できるという。  問い合わせは家具店「リバラック」の榎本さん(0739・22・6100)へ。同店ではテーブルの試作品も展示している。

関連記事

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク