全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

初代学長の書簡、寄贈受ける 山口大

書簡を手に笑顔を見せる岡学長と高橋さん(右、山口大で)

 山口大初代学長で、地球物理学者として多大な功績を残した故松山基範さんの書簡が1日、送付先の遺族である高橋信夫さん(78)=山口市宮野下=から同大に寄贈された。贈呈式では、岡正朗学長が「ご遺族の厚意に心からお礼申し上げたい。大切にして後世に伝えたい」と謝辞。岡学長に書簡を手渡した高橋さんは「山口大とは縁も深い。教育の資料として活用して」と伝えた。

 同大開学直前の1949年5月、高橋さんの父で同大文理学部(当時)の教員を務めた故高橋英太郎さんに送られた書簡。学長就任の内定報告に加えて、今後の発展に向けた意気込みなども語られている。「長年自宅に飾られていたが、最近になって松山先生からの書簡だと知った」と高橋さん。同大の卒業生である弟とも話し合い、保存するために同大への寄贈を決めたという。

 松山さんは、地球のN極とS極が入れ替わる地球磁場の逆転を29年に初めて発見した。その功績にちなみ、没後の60年代には地質時代の最後の逆磁極期が「松山逆磁極期」と命名された。同大理学部では、松山さん直筆のフィールドノートや地磁気逆転について触れた高校地学の教科書、今回寄贈された書簡のレプリカなどを展示している。7月31日まで。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク