全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

キハ183系 お宝ずらり 「十勝晴駅」にコーナー【音更】

 音更町内の私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(柳町南区12、穂積規さん運営)内に、今年引退する「キハ183系初期型車両」にまつわる品を集めたコーナーが設けられた。中には運行開始日の運転士しか持っていなかった時刻表など貴重な「お宝」もあり、来館者の注目を集めている。

キハ183系初期型車両のコーナーを設け、「来た人に思い出をよみがえらせてほしい」と話す穂積さん

 キハ183系は北海道専用として設計された雪と寒さに強い特急車両。1981年の石勝線開業に伴い、特急「おおぞら」などで運行を始めた。1980年代前半に登場した車両は新型車両の投入で順次引退しており、初期型の先頭車両は今年3月ですべて引退。最後まで残った中間車も6月の運行が最後となる。

 十勝晴駅内のコーナーは、北海道を長く走り続けたキハ183系初期型車両の引退を機に開設。JR北海道が3月に発売した「キハ183系記念入場券」全17駅分のほか、穂積さんがこれまで集めてきたタンチョウヅルの絵が入ったヘッドマークや札幌行きを示す方向幕、車内アナウンス用オルゴールや列車のブレーキハンドルなど一式が並べられている。

 中でも81年10月1日の石勝線開業当日の運転士用の時刻表は、当時の運転士と親交があった穂積さんが直接譲り受けたもの。「石勝高原駅(現トマム駅)」など、なくなった駅の名称が記されており、喜ぶ来館者も多いという。

 穂積さんは「1カ所にキハ183系の品がこれだけ集まっているのは他にないのでは。じかに見て、触れて、思い出をよみがえらせてほしい」と話している。

 開館日は毎週日曜日の午前10時~午後6時(入館無料)。

関連記事

宇部日報社

感謝弁当で恩師を接待

 山口県山陽小野田市の厚狭高(徳田充校長)総合家庭科3年生は17日、松花堂弁当を作り教職員38人に振る舞った。卒業を間近に控えた生徒による恒例行事で、授業で学んだ知識と技術で地元の食材と向き合い...

トムラウシ山野営指定地にトイレ増設 新得

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の環境改善に取り組む「環境対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が15日、新得町役場庁舎で開かれた。来年度は野営指定地での携帯トイレブースを増設...

長野日報社

平穏祈り恵方に矢 長野県諏訪地方各地で「山の神祭」

 諏訪地方の各地で17日、山の安全や地域の無事平穏を祈る「山の神祭」があった。下諏訪町第三区は町内の国道142号沿いにある山の神社で行い、区役員や町内会長をはじめ区民約70人が参加。手作りの弓矢を...

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク