全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ぴちぴちのテナガエビ初出荷 諏訪湖

漁の解禁初日に諏訪湖漁協に集められたテナガエビ

 諏訪湖のテナガエビ漁が解禁され、諏訪市渋崎の諏訪湖漁協に1日朝、漁師29人が合わせて15・1キロを初出荷した。解禁初日の水揚げ量は昨年並みで解禁後数日間の平均と比べると少なめという。

 同漁協は今季もエビ漁用の「えびかご」と呼ばれる漁具の使用を1人50個を上限とした。この日、漁師たちは早朝のひんやりとした空気の中で、前日に浅瀬に仕掛けたかごを次々と引き揚げた。

 漁協に集められたテナガエビは出荷箱の中でぴちぴちと跳ねた。大きさは8センチ前後。資源の保護の観点から漁期は今年も1カ月とする考え。武居薫組合長によると、昨年6月の漁獲量は前年の約半分程度となる300キロだった。今年も「良くても昨年並み。湖の環境が壊れている。エビにとってみれば、捕食者からの逃げ場が湖内にない状況」と厳しい見方を示した。

 テナガエビは川魚店を通じ、ホテルや飲食店などに販売される。小松屋川魚店(岡谷市本町)の小松善彦さんは「テナガエビを待っている人はたくさんいる。エビを含め、昔のようにたくさんの生き物が生息する諏訪湖に戻ってほしい」と話していた。

関連記事

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

黒ブドウを白ワインに 十勝初の商品化 池田・まきばの家

 池田町清見の「十勝まきばの家ワイナリー」は4月1日、白ワインの新商品「清見ブラン」を発売する。「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれる黒ブドウ100%による白ワインは珍しく、商品化は十勝のワイナリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク