全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

観光情報生徒が発信 アプリで地域紹介

 

タブレットやスマートフォンを操作しながら学習する生徒(白浜町安居で)

和歌山県白浜町安居の三舞中学校(赤井祥子校長、8人)は、総合的な学習として「日置川観光学習学」に取り組んでいる。本年度は地域の名所などでスマートフォンやタブレットをかざせば、生徒が説明する映像や関連する写真が流れる仕組みを作成。観光客に地元の素晴らしさを発信する。

 日置川観光学習学は、2016年度から3年計画で進めている。学習の目標は「持続可能な社会づくりの担い手を育成する」。1年目のテーマは「発見」で、自分たちが暮らしている地域の良さを学び、2年目はさらに「探求・発信」をテーマに学習を深めた。  本年度のテーマは「貢献と発信」。これまで地域の自然や暮らし、観光について学んできたことを生かし、AR(拡張現実)アプリケーション「マチアルキ」を使って、地域を紹介するコンテンツを製作する。  「マチアルキ」をスマホやタブレットにダウンロードし、同校が設定した場所でかざせば、生徒が語り部になってその場所を説明する動画や、場所に関連する写真が流れる仕組みになっている。安居の渡しや、鈴木七右衛門の功績をたたえた碑などを設定する予定。  5月30日は「マチアルキ」を開発した東京書籍(本社・東京都北区)の社員、東井尊さん(38)を講師に迎え、「マチアルキ」の使い方を聞いた。生徒らが撮影した動画を使って作業。形式の変換やタイトルの入力方法などを教わった。  2年生の安田強君(13)は「作る作業は楽しい。安居の地域を発信していきたい」。3年生の佐本奈美さん(14)は「地元の豊かな自然、人々の温かさが好きなので、多くの人々に私たちの地域を知ってもらえるのがうれしい。この2年間学んできたことを発信することができ、わくわくする」と声を弾ませた。  このコンテンツは、9月にある日置川拠点公民館日置分館主催の熊野古道大辺路仏坂ウオークで使用できるように、完成を目指している。

関連記事

福かき寄せ商売繁盛 豊橋の西光寺で「三河酉の市」

 年末の風物詩「三河酉の市2023」が1日、豊橋市大手町の西光寺で始まった。商売繁盛や家内安全を願い、多くの人が訪れた。主催は三河酉の市奉賛会。4年ぶりの完全開催となった。  1909年、浅...

長野日報社

外国人向け”ディープな諏訪”体験プレミアムツアー 岡谷市の御諏訪太鼓興業が..

長野県岡谷市神明町の御諏訪太鼓興業は、諏訪の歴史・文化を体験する外国人向けプレミアム旅行ツアー商品を開発し、国内外で利用できる旅行サイト「Attractive JAPAN(アトラクティブ ジャ...

長野日報社

もみじ湖、晩秋の風情 進む落葉、夜間ライトアップ 長野県箕輪町

 長野県箕輪町の紅葉の名所、箕輪ダム(もみじ湖)一帯で落葉が進んでいる。地面に降り積もった葉が、残り葉とともに一面を赤や黄色で染め、晩秋の風情を醸し出している。  人気スポット「もみじのトン...

長野日報社

イチョウ、黄金色の輝き 長野県諏訪市の仏法紹隆寺

 長野県諏訪市四賀の仏法紹隆寺にある市天然記念物のイチョウが、黄葉の見頃を迎えた。同市中洲の諏訪上社大祝諏方家住宅敷地内の「大祝家のイチョウ」が雌木、同寺が雄木であることから「夫婦」とする伝承...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク