全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

代田小でアミーゴ集会

 豊川市立代田小学校(小島修校長)で、外国人児童らが企画する恒例の「アミーゴ集会」が開かれた。南米やフィリピン、中国などの国籍の児童が多い同校ならではの行事で、約30人の外国籍児童が全校児童向けにアトラクションを発表した。  最初にポルトガル語、スペイン語、タガログ語などであいさつ。各国のクイズでは児童らが司会を務め、「フィリピンでは昼食をどこで食べてもいい」「中国では森で捕まえようとする人が増え、野生パンダが減っている」などの豆知識を紹介。ブラジルに伝わる「カポエイラ」の演技の披露や、フィリピンの手遊び「ナーナイ・タータイ」を全員で体験する時間も設けた。  最後は、タンバリンに似たパンディロや、打楽器のアコゴやスルドといったブラジル伝統の楽器を紹介。いずれもサンバで使われる道具で、「風になりたい」(THE BOOM)を日本語とポルトガル語の両方で歌い、全校児童も一緒に踊ってお祭りムードとなった。  「トドス・アミーゴス!」(みんな友達)という言葉で締めくくった集会は、毎年海外の知識や文化を学ぶだけでなく、国籍を超えた友情を育む貴重な機会になっている。秋には児童の父母らも参加して交流する「アミーゴ・フェスティバル」も予定される。

関連記事

長野日報社

地域の風景に溶け込み60年 登喜和冷凍食品の煙突解体へ

 伊那市市街地の西町で、ひときわ高くそびえる登喜和冷凍食品本社のコンクリート製煙突が近く、解体されることになった。60年余り前の建築で高度経済成長のシンボルともいえる存在だったが、安全面も考...

新城で大団扇を背負う「放下おどり」

 高さ3㍍の大団扇(おおうちわ)を背負い、太鼓を打ち鳴らして踊る「放下おどり」が14日、新城市大海で行われた。  踊りは室町時代中期に放下僧が伝えたとされる民俗芸能。毎年盆の時期大海地区はじめ、名...

宇部日報社

お盆に合わせて常夜灯を点灯

 盆に合わせて、江戸時代に造られた山口県山陽小野田市刈屋漁港の常夜灯が点灯された。幻想的な光を放ち、船を導く役割を担った当時の面影をしのばせている。20日まで午後8~11時に点灯する。常夜灯は1...

荘内日報社

公益大生がカフェ開設

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の学生有志でつくる地域おこし団体「Praxis(プラクシス)」(加藤雄大代表)は来月上旬、同市日向地区の空き部屋を活用してカフェサロン「AL COFFEE」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク