全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

代田小でアミーゴ集会

 豊川市立代田小学校(小島修校長)で、外国人児童らが企画する恒例の「アミーゴ集会」が開かれた。南米やフィリピン、中国などの国籍の児童が多い同校ならではの行事で、約30人の外国籍児童が全校児童向けにアトラクションを発表した。  最初にポルトガル語、スペイン語、タガログ語などであいさつ。各国のクイズでは児童らが司会を務め、「フィリピンでは昼食をどこで食べてもいい」「中国では森で捕まえようとする人が増え、野生パンダが減っている」などの豆知識を紹介。ブラジルに伝わる「カポエイラ」の演技の披露や、フィリピンの手遊び「ナーナイ・タータイ」を全員で体験する時間も設けた。  最後は、タンバリンに似たパンディロや、打楽器のアコゴやスルドといったブラジル伝統の楽器を紹介。いずれもサンバで使われる道具で、「風になりたい」(THE BOOM)を日本語とポルトガル語の両方で歌い、全校児童も一緒に踊ってお祭りムードとなった。  「トドス・アミーゴス!」(みんな友達)という言葉で締めくくった集会は、毎年海外の知識や文化を学ぶだけでなく、国籍を超えた友情を育む貴重な機会になっている。秋には児童の父母らも参加して交流する「アミーゴ・フェスティバル」も予定される。

関連記事

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

冬、顔出す ニペソツ山初冠雪 上士幌

 17日の十勝管内は平年並みの寒気が北西方面から入ってきた影響で、冷え込んだ。帯広測候所によると、最低気温は上士幌町糠平で氷点下0.4度を記録。東大雪の山には積雪が見られ、冬の到来を感じさせた。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク