全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内総合高校への昼間定時制・通信制併設 教育基本計画策定スタート

 県が進める田川地区の県立高校再編整備計画に関連し、昼間定時制と通信制を併設する庄内総合高校(庄内町)の第1回教育基本計画策定委員会が31日、県庁で開かれ=写真、教育計画や開校に向けたスケジュール、校舎の整備などについて意見を交わした。

 策定委員会は学識経験者、庄内町や鶴岡市の学校関係者、県教委など10人で構成する。定時制と通信制の併設を踏まえた庄内総合高の教育内容などに関する教育基本計画について協議し、本年度末までの策定を目指す。委員長は柿崎則夫県教育次長が務める。

 この日の第1回委員会では、県教委が田川地区の県立高校再編整備計画について説明。庄内総合高校については全日制総合学科を2022年度まで現在の3学級を2学級に減らした「フルタイムコース」、昼間定時制の総合学科1学級と通信制の普通科80人を合わせた「チャレンジコース」を併設すると再確認した。

 また、これに伴い鶴岡南高通信制の在籍者は庄内総合高通信制へ転学となる。鶴岡工業高については単科型専門高校とし、22年に定時制を募集停止とする。

 計画策定に当たり、教育目標や課程などの教育計画、新校舎建設や既存施設の利活用といった校舎整備計画などを策定委員会が総合的に進める。一方で庄内総合高や鶴岡南高通信制、鶴岡工業高定時制の校長や教頭、庄内町教委などが作業部会を構成し、教育現場の意見を吸い上げた上で教育計画や校舎整備計画の資料を作成し策定委員会に提出する。

 このほか、委員の中から「鶴岡から庄内町まで通学する生徒もおり、時間と距離は大きな課題。支援と配慮をお願いしたい」「定時制、通信制には他者との関わりが難しい生徒もいる。校舎は独立性が高いものを願いたい」といった意見が出された。

 今後、本年度末まで4回の策定委員会と6回の作業部会を経て、来年3月まで庄内総合高の教育基本計画を策定する方針。

教育基本計画について協議した

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

荘内日報社

致道博物館 30年以上前の落とし物 大切に預かってます

 鶴岡市の致道博物館で30年以上もの間、来館者の落とし物として大切に保管されてきた「ドナルドダック」の縫いぐるみが、ツイッター上で話題になっている。職員の投稿から1週間後の13日午前現在で「いいね」は2...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 白浜で1月から

 来春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポートは13日、同空港や町内にあるホテルなどで、顔認証システムの実証実験を来年1月14日から始めると発表した。参加事業所では、利用者...

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ

 4月に閉店したそば店「しかめん」(町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク