全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

花火ショー開催へ/宮古島夏まつり

7月20日から3日間 歩行者天国、大綱引きなど多彩に

 宮古島夏まつり実行委員会(実行委員長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は30日、今年の宮古島夏まつりを7月20、21、22日の3日間開催することを決定した。今年は最終日に初の花火ショーも開催され、1000発の色とりどりの花火が夏本番を迎えた宮古島の夜空を彩る。

 あいさつでは、下地会頭に代わって砂川恵助専務理事が「まつり当日はクルーズ船も入港するということで、多くの人に楽しんでもらえる内容にしたい。今年は最終日に花火ショーもあり、夏休みに入る子どもたちにとって思い出に残るまつりにしたい」と述べた。

 まつり初日は、午前10時から漲水御嶽と宮古神社で豊年祈願祭を行い、夕方からは西里、市場、下里の3通りで歩行者天国がスタートする。

 3通りでは、ちびっ子駅伝大会やマーチングバンドなどによる路上パフォーマンスのほか、カラオケのど自慢なども予定されている。

 また、例年は2日目に行われていたミス宮古島発表会が今年は初日の午後7時30分ごろから予定されている。

 2日目は、午後5時から歩行者天国がスタート。書道パフォーマンスやフラダンスのほか、北海道からよさこいソーランのチーム「AJG・KIDS」によるダンスショーなども行われ、最後は東西大綱引きが公設市場前交差点で行われる。

 最終日の22日は、午後8時からトゥリバー地区海浜公園前で花火ショーが行われる。当日は交通規制が行われ、花火が打ち上げられる同地区には入れないことから、パイナガマビーチやパイナガマ海空すこやか公園などで楽しむよう呼び掛けている。

 今年の予算は、360万円で昨年の308万5000円よりも51万5000円増加している。

 このまつりは、子どもから大人まで楽しめる真夏の行事で、観光客誘致に向け「美ぎ島宮古」を県内外に広くPRすることを目的に、毎年開催している。

関連記事

荘内日報社

冬の朝日地域盛り上げ 雪ランタンまつりにぎわう

 鶴岡市熊出の日帰り温泉施設「かたくり温泉ぼんぼ」で16日、雪ランタンまつりが開かれた。大勢の来客でにぎわい、手作り雪灯籠やランタンに火をともして楽しんだ。  ぼんぼの管理運営組合(渡部嚴理事長)...

タンカン詰め放題も JAあまみ、春の特産品フェア

 JAあまみ(本所・鹿児島県龍郷町)が取り扱う旬の地場産青果物をそろえた「あまみ春の特産品フェア」が16、17の両日、鹿児島市のおいどん市場与次郎館であった。タンカン、バレイショなど奄美群島で栽...

紀伊民報社

ジビエで焼きそば 地元のシェフに教わる

 和歌山県田辺市の上芳養小学校で18日、野生動物の肉「ジビエ」を使った調理実習があった。6年生15人が地元に住むフランス料理シェフの更井亮介さん(29)に教わり、地元で捕れたイノシシの肉で焼きそ...

水しぶきの「雨水」 帯広はプラス

 降雪が雨に変わり、雪解けが始まるころとされる二十四節気の「雨水」の19日、十勝地方は暖気が入り、気温は平年より高く推移した。帯広の正午の気温は、平年より2.8度高い0.7度。道路には大きな水た...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク