全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

まちを守る㊦

がまもりんプロジェクト  街頭防犯カメラを設置して安全なまちづくりをと、蒲郡防犯協会連合会(市川行雄会長)は、2015(平成27)年12月から蒲郡市内で「がまもりんプロジェクト」を展開している。飲み物自動販売機の売上収益金の一部、企業や団体からの寄付金を基金にしているのが特徴。昨年度末までに37基を設置してきた。  同連合会は子どもたちだけでなく地域住民を24時間見守ってくれる手立てとしてカメラの設置を進めた。資金が必要なため、自販機を設置する業者へは防犯に関わる社会貢献活動(CSR)となることから呼び掛けてきた。プロジェクトの「がまもりん」は「蒲郡を守る」を三河弁で表現した。  基金の内訳は事業が本格化した16年度が自販機からは約62万7000円、寄付は約26万6000円、17年度は自販機は約60台にもなり、約71万5000円、寄付は96万5000円と増えた。  中でも今年3月には三谷北通発展会が解散し、街路灯の管理を終えて撤去することから防犯カメラ2基を寄贈した。贈られたカメラは小中学生の通学路交差点わきに設置されて地元総代区で管理している。  また同市栄町総代区の小山福雄総代は防犯カメラの管理だけでなく、経営する会社に設置する自販機での協力を始めた。蒲郡駅近くに立地していることから「すばらしい活動。多くの人たちに知ってもらい、安全と安心を分かち合えれば」と話した。  同連合会の太田美佐さんは「まちの安全のためならばと理解して賛同してくれています。防犯カメラがあることによる安心感を共有していければ」と話す。また設置する場所は「児童たちが家に着くまで見られるよう、きめ細かく考えていきたい」と語った。

関連記事

長野日報社

地域の風景に溶け込み60年 登喜和冷凍食品の煙突解体へ

 伊那市市街地の西町で、ひときわ高くそびえる登喜和冷凍食品本社のコンクリート製煙突が近く、解体されることになった。60年余り前の建築で高度経済成長のシンボルともいえる存在だったが、安全面も考...

新城で大団扇を背負う「放下おどり」

 高さ3㍍の大団扇(おおうちわ)を背負い、太鼓を打ち鳴らして踊る「放下おどり」が14日、新城市大海で行われた。  踊りは室町時代中期に放下僧が伝えたとされる民俗芸能。毎年盆の時期大海地区はじめ、名...

宇部日報社

お盆に合わせて常夜灯を点灯

 盆に合わせて、江戸時代に造られた山口県山陽小野田市刈屋漁港の常夜灯が点灯された。幻想的な光を放ち、船を導く役割を担った当時の面影をしのばせている。20日まで午後8~11時に点灯する。常夜灯は1...

荘内日報社

公益大生がカフェ開設

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の学生有志でつくる地域おこし団体「Praxis(プラクシス)」(加藤雄大代表)は来月上旬、同市日向地区の空き部屋を活用してカフェサロン「AL COFFEE」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク