全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

清河八郎を大河ドラマに

 明治維新の先駆けとなった庄内町清川出身の志士・清河八郎(1830―63年)を主人公にしたNHK大河ドラマの実現を目指し、同町の官民が29日、「『清河八郎』大河ドラマ誘致協議会」を発足した。八郎の人間像を広く伝えるとともに交流人口の拡大を図る狙いで、町のふるさと応援寄付金を活用して活動を展開する。

 清河八郎は18歳で江戸に上り、当時の最高学府に学び北辰一刀流を修めた後、25歳で文武指南の清河塾を開いた。尊皇攘夷の先駆けといわれ明治維新に大きな役割を果たしたが、志半ばの34歳で暗殺された。“策士”として知られる一方、家族、妻思いで情に厚い一面もあったとされる。

 協議会は町と町商工会、清河八郎顕彰会など6団体と町内外から集まった公募会員12人で構成。学習、情報発信、商品開発、映像制作の4班で活動する。本年度から3年間は清河八郎を広く知ってもらうための期間とし、学習会やプロモーション映像制作、11月に町内で開催される「明治維新150年記念フォーラム」で展示販売する商品開発などに取り組む。

 また、高校生の視点から情報発信などへのアイデアを募ろうと庄内総合高の「ふるさと探究学習」との連携も図る。

 同町の余目第二公民館で開かれた設立総会で菅原正志教育長は「大河ドラマの誘致を目指して清河八郎の偉業を発信し、町民が故郷に誇りと愛着を持てるようにしよう」とあいさつ。会則や事業概要など6議案を承認。会長には阿部武敏町観光協会長が就任した。

 協議会は引き続き会員を募集している。問い合わせは事務局の町社会教育課=電0234(56)3312=へ。

清河八郎を主人公とした大河ドラマの実現を目指す協議会が発足した

関連記事

長野日報社

地域の風景に溶け込み60年 登喜和冷凍食品の煙突解体へ

 伊那市市街地の西町で、ひときわ高くそびえる登喜和冷凍食品本社のコンクリート製煙突が近く、解体されることになった。60年余り前の建築で高度経済成長のシンボルともいえる存在だったが、安全面も考...

新城で大団扇を背負う「放下おどり」

 高さ3㍍の大団扇(おおうちわ)を背負い、太鼓を打ち鳴らして踊る「放下おどり」が14日、新城市大海で行われた。  踊りは室町時代中期に放下僧が伝えたとされる民俗芸能。毎年盆の時期大海地区はじめ、名...

宇部日報社

お盆に合わせて常夜灯を点灯

 盆に合わせて、江戸時代に造られた山口県山陽小野田市刈屋漁港の常夜灯が点灯された。幻想的な光を放ち、船を導く役割を担った当時の面影をしのばせている。20日まで午後8~11時に点灯する。常夜灯は1...

荘内日報社

公益大生がカフェ開設

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の学生有志でつくる地域おこし団体「Praxis(プラクシス)」(加藤雄大代表)は来月上旬、同市日向地区の空き部屋を活用してカフェサロン「AL COFFEE」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク