全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

清河八郎を大河ドラマに

 明治維新の先駆けとなった庄内町清川出身の志士・清河八郎(1830―63年)を主人公にしたNHK大河ドラマの実現を目指し、同町の官民が29日、「『清河八郎』大河ドラマ誘致協議会」を発足した。八郎の人間像を広く伝えるとともに交流人口の拡大を図る狙いで、町のふるさと応援寄付金を活用して活動を展開する。

 清河八郎は18歳で江戸に上り、当時の最高学府に学び北辰一刀流を修めた後、25歳で文武指南の清河塾を開いた。尊皇攘夷の先駆けといわれ明治維新に大きな役割を果たしたが、志半ばの34歳で暗殺された。“策士”として知られる一方、家族、妻思いで情に厚い一面もあったとされる。

 協議会は町と町商工会、清河八郎顕彰会など6団体と町内外から集まった公募会員12人で構成。学習、情報発信、商品開発、映像制作の4班で活動する。本年度から3年間は清河八郎を広く知ってもらうための期間とし、学習会やプロモーション映像制作、11月に町内で開催される「明治維新150年記念フォーラム」で展示販売する商品開発などに取り組む。

 また、高校生の視点から情報発信などへのアイデアを募ろうと庄内総合高の「ふるさと探究学習」との連携も図る。

 同町の余目第二公民館で開かれた設立総会で菅原正志教育長は「大河ドラマの誘致を目指して清河八郎の偉業を発信し、町民が故郷に誇りと愛着を持てるようにしよう」とあいさつ。会則や事業概要など6議案を承認。会長には阿部武敏町観光協会長が就任した。

 協議会は引き続き会員を募集している。問い合わせは事務局の町社会教育課=電0234(56)3312=へ。

清河八郎を主人公とした大河ドラマの実現を目指す協議会が発足した

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

荘内日報社

致道博物館 30年以上前の落とし物 大切に預かってます

 鶴岡市の致道博物館で30年以上もの間、来館者の落とし物として大切に保管されてきた「ドナルドダック」の縫いぐるみが、ツイッター上で話題になっている。職員の投稿から1週間後の13日午前現在で「いいね」は2...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 白浜で1月から

 来春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポートは13日、同空港や町内にあるホテルなどで、顔認証システムの実証実験を来年1月14日から始めると発表した。参加事業所では、利用者...

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ

 4月に閉店したそば店「しかめん」(町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク