全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺で卵塊初確認 モリアオガエル

田辺市で初めて確認されたモリアオガエルの卵塊(田辺市本宮町で)

 池や水田の上に生えた樹木で産卵する特異な生態を持つモリアオガエル(アオガエル科)の産卵が、和歌山県田辺市内で初めて確認された。県内で確実に見られるのは高野山周辺だけ。新たな生息地として注目されている。県レッドデータブックで準絶滅危惧に分類されている。

 県内でモリアオガエルの報告例は高野山周辺以外、古座川町や新宮市などで不確かな情報があるだけ。田辺市では大塔山麓の林道沿い斜面のシダや草の葉に複数産卵していた。鳥獣保護区の調査をしていた日本野鳥の会県支部の会員が5月上旬に見つけた。14日に国の希少野生動植物種保存推進員の弓場武夫さん=白浜町=が確認した。卵塊の下の水たまりには多数のアカハライモリが生息しており、ふ化したオタマジャクシが落ちてくるのを狙っている可能性がある。  弓場さんは「6月が産卵のシーズン。降雨時の夜に成体の確認に行きたい。どこかで樹上の枝葉などに泡に包まれた卵塊を見つけたら教えてほしい」と呼び掛けている。

モリアオガエル

 県立自然博物館の竹中利明学芸員は「空気中の湿度が高くなって雨の気配を感じると、水が流れやすいくぼみなどの上を選んで産卵すると聞いたことがある」と話している。  モリアオガエルは、泡立てた白い泡巣の中に産んだ300~500個の卵に雄が受精させる。2、3週間ほどでふ化したオタマジャクシが水中に落ちる。カエルになって森林に移動して生活し越冬。翌春、生まれた水辺に戻ってくるという。雄は体長4~7センチ、雌は6~8センチと大きい。

関連記事

藤ノ花女子高で「十二単」特別授業

 いにしえの文化に親しもうと、豊橋市老松町の私立藤ノ花女子高校で19日、十二単について学ぶ特別授業があった。生徒をモデルに着付けの実演もあり、平成の女子高生たちは平安貴族に思いをはせた。  国語で...

紀伊民報社

田辺花火大会募金箱を設置 50回記念で盛大に

 今年で50回目を迎える「田辺花火大会」(10月6日開催)を、節目にふさわしい盛大な大会にしようと、主催の和歌山県田辺市と田辺観光協会は県内で唯一打ち上げている2尺玉を昨年より3発多い5発、総打...

千歳高校で防災訓練 陸自11普連、空自2空団が協力

千歳高校(増田雅彦校長)は18日、自衛隊の協力で防災訓練を行った。陸自が負傷者などの搬送を、空自が火災発生時の対応などを、それぞれ指導する手厚い内容。大阪で震度6弱の地震が発生した日に、全校生徒...

宇部日報社

りんご園でブルーベリー狩り

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で16日、ブルーベリー狩りが始まった。摘みたてのフレッシュな味を求めて、県内外から多くの来園者が訪れている。7月20日ごろまで楽しめる。2003年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク