全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺で卵塊初確認 モリアオガエル

田辺市で初めて確認されたモリアオガエルの卵塊(田辺市本宮町で)

 池や水田の上に生えた樹木で産卵する特異な生態を持つモリアオガエル(アオガエル科)の産卵が、和歌山県田辺市内で初めて確認された。県内で確実に見られるのは高野山周辺だけ。新たな生息地として注目されている。県レッドデータブックで準絶滅危惧に分類されている。

 県内でモリアオガエルの報告例は高野山周辺以外、古座川町や新宮市などで不確かな情報があるだけ。田辺市では大塔山麓の林道沿い斜面のシダや草の葉に複数産卵していた。鳥獣保護区の調査をしていた日本野鳥の会県支部の会員が5月上旬に見つけた。14日に国の希少野生動植物種保存推進員の弓場武夫さん=白浜町=が確認した。卵塊の下の水たまりには多数のアカハライモリが生息しており、ふ化したオタマジャクシが落ちてくるのを狙っている可能性がある。  弓場さんは「6月が産卵のシーズン。降雨時の夜に成体の確認に行きたい。どこかで樹上の枝葉などに泡に包まれた卵塊を見つけたら教えてほしい」と呼び掛けている。

モリアオガエル

 県立自然博物館の竹中利明学芸員は「空気中の湿度が高くなって雨の気配を感じると、水が流れやすいくぼみなどの上を選んで産卵すると聞いたことがある」と話している。  モリアオガエルは、泡立てた白い泡巣の中に産んだ300~500個の卵に雄が受精させる。2、3週間ほどでふ化したオタマジャクシが水中に落ちる。カエルになって森林に移動して生活し越冬。翌春、生まれた水辺に戻ってくるという。雄は体長4~7センチ、雌は6~8センチと大きい。

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク