全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広畜大22年に経営統合 小樽商、北見工と

運営法人の経営統合に合意した(左から)和田学長、奥田学長、鈴木学長

 帯広畜産大学、小樽商科大学、北見工業大学の3国立大学の学長は29日に札幌市内で会見し、運営法人の経営統合で合意したと発表した。2022年4月に、経営統合した国立大学法人「北海道連合大学機構(仮称)」を帯広市に設置。同法人が3大学を設置運営する形で、各大学の名称は変わらない。経営効率化で教育研究機能を強化し、農商工という各大学の強みを融合した連携事業を進め、道内の経済・産業発展に貢献する。

 帯畜大の奥田潔学長、小樽商大の和田健夫学長、北見工大の鈴木聡一郎学長が同日、経営改革推進に関する合意書に調印した。奥田学長は「キーワードは、実学を担う3大学が北海道の未来に貢献すること。3大学の特徴を生かし、教育研究機能を強化していく」と語った。3大学の教育研究活動や人事などは自主性・自律性を確保する。希望があれば、他の道内国立大の参加も受け入れる。

 統合により、各大学の経営機能や業務を集約し、合理化した人員や資金を教育研究分野に配分する。遠隔講義による3大学の教養科目の共通受講、学生が相互に移動する短期滞在型体験学習なども検討する。

 さらに、3大学の強みを融合した連携を進める。例えば、冬季スポーツ研究開発拠点の形成では、北見工大が競技力向上のための用具開発、帯畜大は機能性食品開発でアスリート支援、小樽商大は産業発展に向けたマーケティング手法開発を担う。また、ICT(情報通信技術)に強い北見工大と帯畜大の連携で、大型農業機械の研究開発につながる可能性が高まる。小樽商大の知見を活用し、社会人を含め経営感覚を持った人材育成にも取り組む考え。

 今年度中に各大学に経営改革推進室を設置するなど、詳細は今後の協議で詰める。和田学長は「専門性に特化した単科大学の存在感を示したい」、鈴木学長は「ユニークで実行力ある教育ができると期待している」と話した。

 3大学は2年前から、小樽商大を軸に、国際化時代の畜産業発展やオホーツク圏の観光活性化などの連携事業を実施。連携を進化させるため、4月以降に集中協議し、経営統合の道を選んだ。3大学の位置関係などから、帯広に統合後の法人を置く。

 国立大学法人法では、1法人が1大学を運営するよう規定されている。文部科学省は経営合理化のため、1法人が複数の大学運営を認める法改正を検討している。

関連記事

紀伊民報社

「川の参詣道」に新たな舟

 「川の参詣道」として世界遺産に登録されている熊野川を下る川舟が新たに製作され、24日に進水式があった。これまで使ってきた舟が老朽化する中、川舟を運航する新宮市の一般財団法人「熊野川町ふれあい公...

荘内日報社

五穀豊穣願い手植え 献饌田で「御田植祭」

 鶴岡市の出羽三山神社に奉納する米の「御田植祭」が24日、同市羽黒町玉川にある大鳥居そばの献饌田(けんせんでん)で行われた。同神社の巫女(みこ)や山伏が五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えを行った。 ...

宇部日報社

初めてのまちなかフラワーフェスタ&緑化祭始まる

 第1回まちなかフラワーフェスタ&緑化祭が25日、宇部新天町名店街で始まり、花と緑で飾られたアーケード内は多くの人でにぎわっている。宇部新天町名店街協同組合(熊谷満之理事長)主催。市、宇部小野田...

ナタネと小麦 くっきり 帯広市拓成町 伊澤農場

 十勝管内のナタネ畑で花がほぼ満開となっている。黄色い花と、青々と伸びる小麦のコントラストが美しい景色をつくりだしている。  帯広市拓成町の「earth canvas 伊澤農場」(伊澤学代表...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク