全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

平久保のヤエヤマシタン樹勢回復 市教委が調査・診断

平久保のヤエヤマシタンの調査、診断を行う樹木医ら=29日午前、石垣市平久保

 石垣市教育委員会文化財課は29日、国の天然記念物で樹勢に衰えが見られる平久保のヤエヤマシタンの調査と診断を行った。昨年度実施したシロアリ駆除と土壌改良の効果が見られ、青々と葉が茂っているのが確認された。

 昨年度から継続している保護増殖事業の一環。㈱トロピカル・グリーン設計=本社・那覇市=が業務を受託し、樹木医の樋口純一郎氏とデザイン課の徳森佑佳氏らが診断した。

 昨年度はタカサゴシロアリ駆除の薬剤を注入した後、指定木2本から半径7㍍離れた地点40カ所に直径20~30㌢、深さ80~100㌢の穴を掘り、牛ふん堆肥を入れる土壌改良を行った。

 本年度は、割竹を挿入して周りに牛ふん堆肥を入れる土壌改良を施してさらなる樹勢回復を図るほか、ヤエヤマシタン固有の害虫で夏ごろに発生するシタンヒメヨコバイの薬剤散布を、8月ごろに2回行う計画。

 樋口氏は「2本のうちの1本は瀕死(ひんし)の状態で葉は出てこないだろうと思っていたが、土壌改良の効果が出て、だいぶ回復した。息を吹き返して新しい葉を出すことができてよかった」と話した。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク