全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

平久保のヤエヤマシタン樹勢回復 市教委が調査・診断

平久保のヤエヤマシタンの調査、診断を行う樹木医ら=29日午前、石垣市平久保

 石垣市教育委員会文化財課は29日、国の天然記念物で樹勢に衰えが見られる平久保のヤエヤマシタンの調査と診断を行った。昨年度実施したシロアリ駆除と土壌改良の効果が見られ、青々と葉が茂っているのが確認された。

 昨年度から継続している保護増殖事業の一環。㈱トロピカル・グリーン設計=本社・那覇市=が業務を受託し、樹木医の樋口純一郎氏とデザイン課の徳森佑佳氏らが診断した。

 昨年度はタカサゴシロアリ駆除の薬剤を注入した後、指定木2本から半径7㍍離れた地点40カ所に直径20~30㌢、深さ80~100㌢の穴を掘り、牛ふん堆肥を入れる土壌改良を行った。

 本年度は、割竹を挿入して周りに牛ふん堆肥を入れる土壌改良を施してさらなる樹勢回復を図るほか、ヤエヤマシタン固有の害虫で夏ごろに発生するシタンヒメヨコバイの薬剤散布を、8月ごろに2回行う計画。

 樋口氏は「2本のうちの1本は瀕死(ひんし)の状態で葉は出てこないだろうと思っていたが、土壌改良の効果が出て、だいぶ回復した。息を吹き返して新しい葉を出すことができてよかった」と話した。

関連記事

諸鈍のデイゴ徐々に回復 近年にない咲きっぷり 加計呂麻島

 瀬戸内町加計呂麻島諸鈍のデイゴ並木が花を咲かせた。害虫被害で樹勢が衰えていたが、防除対策や樹勢を回復させる治療を施すなどして徐々に回復。今年は近年にない咲きっぷりで地元住民を喜ばせた。  諸...

宇部日報社

小野小で梅もぎ 丸々とした実に歓声【宇部】

 小野小(河口龍裕校長、23人)で26日、梅もぎが行われた。全校児童が運動場や校舎裏の梅林で丸々と成長した実に歓声を上げながら収獲を楽しんだ。    同校の梅雨入り前の恒例行事として、40年以上...

10メートル空けてラン 総合体育館再開 帯広

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い休止していた、帯広市内の総合体育館(よつ葉アリーナ十勝)や道立美術館など多くの公共施設が26日、運営を再開した。  帯広市の施設でこの日再開したのは総合体...

釧路新聞社

飛沫防護具700個製作【釧路】

   釧路工業高等専門学校(小林幸夫校長)は、新型コロナウイルス感染症と最前線で戦う医療従事者に使ってもらおうと、飛(ひ)沫(まつ)防護具700個を自作し、釧路市内の医療機関などに寄贈する。すでに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク