全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

平久保のヤエヤマシタン樹勢回復 市教委が調査・診断

平久保のヤエヤマシタンの調査、診断を行う樹木医ら=29日午前、石垣市平久保

 石垣市教育委員会文化財課は29日、国の天然記念物で樹勢に衰えが見られる平久保のヤエヤマシタンの調査と診断を行った。昨年度実施したシロアリ駆除と土壌改良の効果が見られ、青々と葉が茂っているのが確認された。

 昨年度から継続している保護増殖事業の一環。㈱トロピカル・グリーン設計=本社・那覇市=が業務を受託し、樹木医の樋口純一郎氏とデザイン課の徳森佑佳氏らが診断した。

 昨年度はタカサゴシロアリ駆除の薬剤を注入した後、指定木2本から半径7㍍離れた地点40カ所に直径20~30㌢、深さ80~100㌢の穴を掘り、牛ふん堆肥を入れる土壌改良を行った。

 本年度は、割竹を挿入して周りに牛ふん堆肥を入れる土壌改良を施してさらなる樹勢回復を図るほか、ヤエヤマシタン固有の害虫で夏ごろに発生するシタンヒメヨコバイの薬剤散布を、8月ごろに2回行う計画。

 樋口氏は「2本のうちの1本は瀕死(ひんし)の状態で葉は出てこないだろうと思っていたが、土壌改良の効果が出て、だいぶ回復した。息を吹き返して新しい葉を出すことができてよかった」と話した。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク