全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

まちを守る㊥

豊橋創造大防犯ボランティアCTS  豊橋創造大学(豊橋市牛川町)の学生でつくる防犯ボランティアグループ「CTS(クリーンチームソウゾウ)」が、大学近くの同市立牛川小学校の児童の見守り活動を続けている。安心安全な地域づくりに一役買うメンバーら。「創造大に親しみを持ってもらい、いざというとき、頼れる存在になりたい」と話す。  「気を付けて帰ってね」。学生たちは班から別れる児童に手を振り、見送る。  集団下校日の木曜、不定期でメンバーの女子学生2~3人が通学路を児童と一緒に歩いており、今年で4年目。信号機のない横断歩道や見通しの悪い場所、人通りの少ない道を通る際には特に注意を配る。  牛川小の本多宏成教頭は「創造大を含め地域と連携し、力を合わせてやっていくことに意味がある」と地域を挙げて不審者に目を光らせる体制の必要性を語る。  CTSは2011(平成23)年に発足。短期大学部キャリアプランニング科の中島剛教授のゼミ学生が中心となり、今年は2年生8人がメンバーとして活動する。  保育園へ行き、入学を控える年長児には、防犯標語「いかのおすし」を題材にしたペープサート(紙人形劇)を上演し、不審者への対応について学んでもらう防犯教室も実施。昨年からは、新たに県警と協力し、警察官を不審役に、子どもたちは襲われた想定で大きな声を出す練習もする。  他にも、2週間に1回、昼間に留守宅が多い大学近くの地域を歩きながらごみ拾いをしている。見通しの悪い道や学生が痴漢被害に遭った場所などを確認しながら、学生自身の防犯意識の向上も図っている。  中島教授は「見守る大人が多過ぎるということはない。学生も地域の安全を守る一翼を担わせてもらいたい」と話している。

関連記事

藤ノ花女子高で「十二単」特別授業

 いにしえの文化に親しもうと、豊橋市老松町の私立藤ノ花女子高校で19日、十二単について学ぶ特別授業があった。生徒をモデルに着付けの実演もあり、平成の女子高生たちは平安貴族に思いをはせた。  国語で...

紀伊民報社

田辺花火大会募金箱を設置 50回記念で盛大に

 今年で50回目を迎える「田辺花火大会」(10月6日開催)を、節目にふさわしい盛大な大会にしようと、主催の和歌山県田辺市と田辺観光協会は県内で唯一打ち上げている2尺玉を昨年より3発多い5発、総打...

千歳高校で防災訓練 陸自11普連、空自2空団が協力

千歳高校(増田雅彦校長)は18日、自衛隊の協力で防災訓練を行った。陸自が負傷者などの搬送を、空自が火災発生時の対応などを、それぞれ指導する手厚い内容。大阪で震度6弱の地震が発生した日に、全校生徒...

宇部日報社

りんご園でブルーベリー狩り

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で16日、ブルーベリー狩りが始まった。摘みたてのフレッシュな味を求めて、県内外から多くの来園者が訪れている。7月20日ごろまで楽しめる。2003年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク