全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴ケ岡城囲む「木戸口」跡 城下町の歴史探訪 11カ所 十・一・口「吉」巡り楽しむ

 鶴岡市の市街地で7日、鶴岡商工会議所主催の「歴史探訪―木戸口めぐり」が行われ、参加者30人が観光ガイドの案内で旧庄内藩の鶴ケ岡城に関連した施設や場所などを訪ね歩き、城下町の歴史や文化に理解を深めて魅力に触れた。

鶴ケ岡城周囲に設けられた11カ所の木戸口跡を巡った歴史探訪

 ユネスコ食文化創造都市の鶴岡の「食」を活用した観光振興として、2015年度から継続しているまち歩き事業「城下町探訪&ぐるめウオーク」の一環で、鶴ケ岡城を取り囲むように配置されていた保安用の門「木戸口」に焦点を当てた。昨年度も同じ内容で開催したところ、定員の4倍の応募があり、参加できなかった人が多かったため、再び木戸口巡りを中心に実施。今回も3倍を超える申し込みがあり、抽選による10―80代の参加者の中には酒田市や庄内町、仙台市からの応募者もいた。中心市街地への誘客や観光商品造成につなげてもらおうと呼び掛け、市内の観光関係者も参加した。

 鶴岡市観光ガイド協議会の花岡琢也会長をはじめ同協議会のメンバー4人の案内で十日町口、三日町口、五日町口、荒町口、代官町口、高畑口、新形口、万年橋口、大山街道口、鍛冶町口、元曲師口の11の木戸口跡を巡った。11カ所の木戸口は漢字で十・一・口を組み合わせて「吉」となり、「めでたいこととされていた」など説明を受け、市指定史跡の武士住宅「安倍家住宅」、北海道開拓大判官を務めた元庄内藩士・松本十郎ゆかりの安国寺も巡った。

 約4キロの道のりの途中、菅家庭園の鑑賞と当主の菅秀二さんによる西郷南洲(隆盛)との関わりの解説、鶴ケ岡城三の丸の土塁が残る大督寺の拝観では齋藤浩明住職による酒井家との関わりの解説、老舗料亭での旬の食材を使った懐石膳の昼食や老舗菓子店巡りも組み込まれた。参加者からは「通ったことのない路地や気付かなかった木戸口の標柱、土塁を認識できて良かった」「木戸口を歩いて回り、広さを実感した」「歴史を知るだけでなくお菓子屋さんも巡る楽しい企画なので、子どもにも体験してほしい」などの感想が寄せられた。

菅家で当主の秀二さんの解説を聞く参加者

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク