全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

インドの生徒が道普請 田辺熊野古道で体験

運んだ土を古道に敷くインドや田辺高校の生徒ら(田辺市本宮町で)

 和歌山県と交流を続けるインド・マハラシュトラ州にある高校の生徒が26日から29日まで、田辺市や白浜町を訪れた。地元の高校生と交流したり、熊野古道の道普請を体験したりして、交流を深めるとともに熊野の文化に触れた。  県と世界遺産があるマハラシュトラ州は2013年に相互協力の覚書を締結し、観光や食品加工などで協力関係にあり、今年からは青少年の相互交流にも力を入れている。  訪れたのはプネ市にあるアヒルヤデビ高校の13~15歳の女子生徒36人と教員7人。同校が県内を訪れるのは初めて。  27日には田辺市本宮町の伏拝王子跡近くの熊野古道で道普請を体験。近くの世界遺産センターの職員から熊野古道や道普請についての説明を聞いた後、土を古道に敷く作業をした。土を袋に入れ、約200メートル離れた地点まで運び、路面に敷いた。歩いて踏みしめたり、道具を使って表面を固めたりもした。  生徒らは土のうを軽々と持ち、フットワークも軽く、にこやかに活動。校長は「この活動は、今だけでなく未来のためにやっているというのを聞き、感動した。伝統を守るのが大切というのに感心した。子どもたちはとても楽しみ、もっとやりたいと言っていた」と話した。  田辺高校の国際交流委員会「SEEKER(シーカー)」所属の3年生、里田汐音さん(17)、濱砂美紅さん(17)、廣瀬佳芳さん(17)も参加。里田さんは「作業は疲れたが楽しかった。何よりもインドの生徒と一緒に汗を流せたのがよかった」と話した。  アヒルヤデビ高校の生徒らはこの日、世界遺産センターで研修もした。28日には田辺高校で生徒と交流したほか、白浜温泉を観光した。

関連記事

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

荘内日報社

鶴岡慶應先端研 高齢者対象に楽しく学ぶ勉強会

 高齢者を対象に、オンライン会議システムの立ち上げを体験的に学ぶ勉強会「やてみねが(やってみないか)オンライン」が3日、鶴岡市馬場町の慶應義塾大先端生命科学研究所センター棟で行われ、同大の社会人大学...

紀伊民報社

わくわくするまちに 白浜でオンライン会議

 和歌山県白浜町の明るい未来を語り合うオンライン会議「第1回南紀白浜ビジョンミーティング」が2日にあり、町内外から150人が参加した。それぞれの未来像を共有し、協力して実現する仕組みづくりが目的...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク