全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

こいのぼり 天まで泳げ 大樹・歴舟川

風にはためく色とりどりのこいのぼり

 国道236号沿いの歴舟川に20日、今年もこいのぼりがお目見えした。空に向かって極彩色がたなびき、28日に予定の民間企業によるロケット打ち上げの観覧客も出迎える。

 町と町観光協会が主催し今年で28回目の「歴舟川清流鯉(こい)のぼり」。この日は同協会(高橋英昭会長)の会員や協力企業の約20人がワイヤーに236匹のこいのぼりを1匹ずつ取り付け、川幅約250メートルの両岸に渡した。河川敷には、子どもたちが触れられる100匹のミニこいのぼりも設置した。午前10時ごろからは町内の保育園児たちも訪れ、作業を見守った。

 こいのぼりの数は国道236号にちなんでおり、高橋会長は「インターステラテクノロジズ(大樹)のロケット打ち上げを見に来る皆さんにも、ぜひ訪れてほしい」と話す。

 ゴールデンウイークには飲食の出店があり、5月5日には福島県相馬市の伝統行事「相馬野馬追」の騎馬武者が登場するミニイベントもある。同6日まで飾る予定。

関連記事

田原サーフタウン構想

 市内で盛んなサーフィンを活用した地域活性化策、サーフタウン構想を打ち出している田原市は、太平洋に面した赤羽根町のロングビーチ一帯の将来イメージをまとめた。ビーチ東端にあたる高松町弥八島を重点整...

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

長野日報社

ドーム船で楽しむワカサギ釣り 諏訪湖で始まる

 岡谷市湊の民宿みなとは15日からドーム船の営業を開始した。中澤滋専務(58)によると、この時期は昨年ふ化した約10センチの大公、10月半ばからは今年ふ化した5センチ前後の小公が釣りやすくなる...

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク