全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

こいのぼり 天まで泳げ 大樹・歴舟川

風にはためく色とりどりのこいのぼり

 国道236号沿いの歴舟川に20日、今年もこいのぼりがお目見えした。空に向かって極彩色がたなびき、28日に予定の民間企業によるロケット打ち上げの観覧客も出迎える。

 町と町観光協会が主催し今年で28回目の「歴舟川清流鯉(こい)のぼり」。この日は同協会(高橋英昭会長)の会員や協力企業の約20人がワイヤーに236匹のこいのぼりを1匹ずつ取り付け、川幅約250メートルの両岸に渡した。河川敷には、子どもたちが触れられる100匹のミニこいのぼりも設置した。午前10時ごろからは町内の保育園児たちも訪れ、作業を見守った。

 こいのぼりの数は国道236号にちなんでおり、高橋会長は「インターステラテクノロジズ(大樹)のロケット打ち上げを見に来る皆さんにも、ぜひ訪れてほしい」と話す。

 ゴールデンウイークには飲食の出店があり、5月5日には福島県相馬市の伝統行事「相馬野馬追」の騎馬武者が登場するミニイベントもある。同6日まで飾る予定。

関連記事

長野日報社

品種も多彩シクラメン 信大農学部構内で鉢植え販売

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で、学生らが育てたシクラメンの鉢植えの販売が行われている。今年新たに栽培を手掛けた2品種を含む20品種1600鉢を用意。多彩な花姿や鮮やかな色合いに...

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク