全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

パンダくろしお出発 世界遺産20周年で観光キャンペーン

世界遺産登録20周年を記念した「聖地リゾート!和歌山キャンペーン」の出発式でテープカットする関係者(6日、大阪市の新大阪駅で)

 「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録が7日で20周年を迎えるのを記念して、和歌山県やJR西日本などによる観光促進事業「聖地リゾート!和歌山キャンペーン」の出発式が6日、大阪市の新大阪駅であった。

 県とJR西日本、同社グループ会社の日本旅行が主催する。
 キャンペーンは7月1日に始まった。これから12月にかけて、田辺市本宮町の熊野本宮大社での大斎原(おおゆのはら)大鳥居のライトアップや新宮市の熊野速玉大社で映像を投映するプロジェクションマッピング、シンポジウム、スタンプラリー、熊野古道のウオークイベントなどが予定されている。
 キャンペーンの出発式は、初の週末となった6日、団体臨時列車「パンダくろしお」の発車に合わせて行われた。
 出発式には岸本周平知事やJR西日本の富澤五月和歌山支社長、日本旅行の小谷野悦光社長らが出席。岸本知事は「多くの皆さまに20周年をお祝いしていただいている。和歌山の聖地リゾート観光地が、多くの観光客でにぎわってほしい」、富澤支社長は「新しい出会い、新しい発見、和歌山へ行ってみようというわくわくした気持ちを創出したい」とあいさつした。
 関係者のテープカットの後、藤村一博新大阪駅長の合図で「パンダくろしお」が出発。神戸や大阪からのツアー客約330人と岸本知事を乗せ、白浜へ向かった。

関連記事

「クルーズ船に乗ろう」 シンポ開催、魅力語る 日本観光振興協、市主催

 宮古島クルーズシンポジウム(主催・日本観光振興協会、市)が20日、マティダ市民劇場で開催された。会場には市民らが多数集まり、基調講演やパネルディスカッションに耳を傾け、クルーズ船の魅力と課題につい...

長野日報社

待ち望んだ中ア絶景 駒ケ岳ロープウェイ運行再開 長野県駒ケ根市

 アクセス道路が土砂崩れで通行止めとなった影響で運休していた、中央アルプス駒ケ岳ロープウェイの運行が20日に再開され、中アに本格的な夏山シーズンが到来した。待ち望んだ観光客や登山者らが次々にゴン...

「豊橋祇園祭」が開幕 350本の手筒花火披露

 豊橋市関屋町の吉田神社で19日、夏の一大風物詩「豊橋祇園祭」が開幕した。午後6時半から、8町の氏子らによる奉納手筒花火の神前放陽が披露され、境内は大勢の見物客でにぎわった。  吉田神社は手筒花火...

23年度観光収入911億円 今年度で計画目標達成へ 市観光推進協

 宮古島市観光推進協議会(会長・吉井良介宮古島観光協会長)の2024年度第1回会合が16日、市役所で開かれた。第2次観光振興基本計画の進捗(しんちょく)では、23年度観光収入は約131億円増の91...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク