全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

節目おいしく 音更・ハピオ30周年ハピまん、帯広・東洋食肉10周年鶏まん

 今年で開店30周年を迎えた木野農協系スーパー・ハピオ(音更町、黒田浩光社長)と、開所10周年を迎えた東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)はそれぞれ、記念企画として新商品の中華まんじゅうを開発した。

新商品の中華まんじゅうを手にする関係者

ハピオ→オニオンハムチーズ
東洋食肉→チーズダッカルビ風

 ハピオは2019年に商品化した人気のチーズまん「ハピまん」の新シリーズとして、約1年かけて「ハピまん オニオンハムチーズ」(356円)を開発した。生ハムの塩味と、音更町産加熱加工用タマネギ「ゆめせんか」の甘み、3種類をブレンドした十勝産チーズのうま味が一つになった中華まんで、鳥海正行部門統括取締役は「原料のうち約83%が十勝産。管内外に自信を持って販売できる商品ができた」と話している。

 ハピまんの製造を担う東洋食肉販売十勝事業所は今回、自社商品として「鶏まん チーズダッカルビ風」(324円)を開発した。道産桜どりのひき肉が入ったあんはコチュジャンなどで韓国風に味付けし、チーズのまろやかさで辛味を抑えることによって、子どもから大人まで食べられるようにした。

 両商品とも、ハピオやとかち物産センター(JR帯広駅エスタ東館)、新千歳空港の千歳VALLEYsなどで25日から販売する。

 広域連携で地場産品の販路拡大に取り組む「北海道フードアライアンス」の一環で開発されており、道外や海外でも販売したい考え。

関連記事

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

バナナを使った商品開発 南山大生と田原の「マーコ」

 南山大学経営学部の川北眞紀子教授のゼミに所属する3年生6人は、田原市保美町の青果生産販売「マーコ」が伊良湖温泉水で育てたバナナを使ったせんべいなどの商品開発に挑戦中だ。今年度中に完成を目指す。 ...

長野日報社

24日は土用の丑の日 「うなぎのまち」岡谷市の店にぎわい 長野県

24日の「土用の丑の日」を前に、「うなぎのまち岡谷」として知られる長野県岡谷市内のうなぎ料理店や川魚店が、繁忙期を迎えている。稚魚の不漁や円安、物価高の影響で仕入れ値が高騰する中、値上げ幅を抑...

豊川でアールスメロンの出荷最盛期

 メロンの生産が盛んな豊川市で、ネット系の「アールスメロン」の出荷が最盛期を迎えた。今年4月に完成し、7月から本格稼働した同市三上町のJAひまわり「総合集出荷センター」では、農家が持ち込んだメロン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク