全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

南箕輪開発公社 ハナマルキとコラボの「塩こうじプリン」6日から販売 長野県

塩こうじプリンの完成を喜ぶ写真右から平田伸行部長と原賢三郎社長

長野県の南箕輪村開発公社(原賢三郎社長)とみそ・醸造製品メーカー「ハナマルキ」(本社・伊那市)が塩こうじを使った「塩こうじプリン」を開発し、6日から販売を開始する。同公社が企画、販売する人気商品「おもてなしプリン」の地元コラボ第34弾で、同社ブランド「ハナマルキ醸造麹研究室」としては初のスイーツ商品。5日、同村大芝高原の大芝の湯でお披露目会があり、関係者が「深いこくのある繊細なプリンに仕上がった。ぜひ召し上がって」とアピールした。

ハナマルキみそ作り体験館(伊那市西箕輪)と原社長の交流から実現したコラボ。原社長は当初、同社主力商品のみその活用を考えたが、ハナマルキ側から「塩こうじに力を入れている」と聞き、同社の液体塩こうじ3種を使って今年2月から配合や味わいの調整を重ねてきた。

地元の牛乳や卵が原料のプリン生地には、業務用の「酵母発酵」と「減塩」の液体塩こうじを使用。カラメルソースには一般向けの「液体塩こうじ」を使い、塩こうじが醸す深いこくと優しい塩味が楽しめるプリンに仕上げた。

原社長(46)は「こくが強まり、舌の上でうまみが広がるプリンができた。カラメルで2度、3度と味を変えて楽しんでください」と話す。同社マーケティング部の平田伸行部長(56)は「多岐にわたって使える塩こうじの多様性を知っていただけたら」と期待を寄せた。

1個(85グラム)430円。大芝高原の大芝の湯と味工房、公式ECサイト、夏限定でみそ作り体験館でも販売予定。ECサイトでは3個セットを1590円(箱代、梱包代込み)で提供する。送料が別途必要になる。大芝の湯と味工房は6、7日、各日100個を380円で限定販売する。

問い合わせは味工房(電話0265・76・0054)へ。

関連記事

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

バナナを使った商品開発 南山大生と田原の「マーコ」

 南山大学経営学部の川北眞紀子教授のゼミに所属する3年生6人は、田原市保美町の青果生産販売「マーコ」が伊良湖温泉水で育てたバナナを使ったせんべいなどの商品開発に挑戦中だ。今年度中に完成を目指す。 ...

長野日報社

24日は土用の丑の日 「うなぎのまち」岡谷市の店にぎわい 長野県

24日の「土用の丑の日」を前に、「うなぎのまち岡谷」として知られる長野県岡谷市内のうなぎ料理店や川魚店が、繁忙期を迎えている。稚魚の不漁や円安、物価高の影響で仕入れ値が高騰する中、値上げ幅を抑...

豊川でアールスメロンの出荷最盛期

 メロンの生産が盛んな豊川市で、ネット系の「アールスメロン」の出荷が最盛期を迎えた。今年4月に完成し、7月から本格稼働した同市三上町のJAひまわり「総合集出荷センター」では、農家が持ち込んだメロン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク