全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

県境越え路線バス運行 7日から伊勢路-中辺路間

案内表示が掲げられた熊野本宮大社前のバス停(和歌山県田辺市本宮町で)

 三重県熊野市は、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」が登録20周年を迎える7日から、県境を越えて、公共交通の空白地である同市紀和町と田辺市本宮町を結ぶ定期路線バス「紀和・本宮線」の運行を始める。熊野古道の伊勢路と中辺路をつなぐ狙いで、同日午前10時から紀和町にある道の駅で運行式を開く。

 新たな定期路線バスはコロナ禍を乗り越えてインバウンド(訪日客)が復活する中、世界遺産登録20周年を記念して運行を計画。伊勢路が通る紀和町と中辺路や熊野本宮大社がある本宮町を結ぶ新たな観光ルートを作り、インバウンド需要を高めて観光・地域経済の活性化につなげることを目指す。熊野市が一般財団法人「熊野市ふるさと振興公社」に業務委託して運行する。
 往路は午前10時半に紀和町の「瀞流(せいりゅう)荘」を出発し、10時35分に道の駅「熊野・板屋九郎兵衛の里」を経由し、11時10分、本宮町の「本宮大社前」に到着。復路は11時半に本宮大社前を出発し、午後0時5分に熊野・板屋九郎兵衛の里を経由し、0時10分、瀞流荘に到着する。運行は1日1往復で、運賃は片道1人千円。
 運行式は7日午前10時から熊野・板屋九郎兵衛の里で開き、テープカットや見送りを行う。本宮町では第1便を平安衣装で迎える。
 熊野市市長公室は「瀞流荘の宿泊客から本宮まで行く公共交通はないのかという要望が多く、一定のニーズがあると考えている。この路線バスを有効利用していただき、双方の活性化につながればうれしい」と話している。
 問い合わせは熊野市ふるさと振興公社(0597・97・1180)へ。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク