全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アクアガーデンが完成 フサキリゾートヴィレッジビーチ&ガーデン

6月1日オープンの新エリアに整備された「スプラッシュパーク」=27日午後、新川のフサキリゾート

 ㈱マイステイズ・ホテル・マネジメント(本社東京都港区・麻野篤毅代表取締役社長)が運営するフサキリゾートヴィレッジビーチ&ガーデン(塩田和巳総支配人)で、島内最大級のウォータースライダーなどを備えたプールエリア「アクアガーデン」がこのほど完成した。6月1日のエリアオープンを前に関係者を招いてレセプションが28日午後、現地で開かれた。

 フサキビーチ約1㌔を目前に望む同エリアには、高さ6㍍50㌢のウォータースライダーなどの遊具を備えた「スプラッシュパーク」や、面積20平方㍍、水深1・2㍍のプール3面のほか、子連れ客ニーズに対応した有料の託児施設、マリンアクティビティの案内所、飲食を楽しめるバーカウンターにテーブル席などの設備を整えた。また遊泳可能なビーチの範囲を100㍍から200㍍に拡張した。

 同社は、今後も増加が見込まれる観光需要の取り込みを狙い、同エリアを手始めに2020年秋までに、その他四つのエリアを相次いでオープンさせる予定。客室数は398室に増設、敷地面積も8万6000平方㍍と現在の約2倍に拡張する。

 レセプションであいさつした同社の麻野代表は、「国内随一のリゾート地繁栄へのステップの一つ。客室の増室も含め、今後も資本を注入していく。全社を挙げて強力な体制で取り組んでいく」と述べ、石垣市の中山義隆市長(大嵩久美子観光スポーツ局長代読)は「資源を活用し磨き上げることで顧客満足度を上げ、観光産業の持続発展に向けて国際観光都市としての気概を持っていきたい」と祝辞を述べた。

関連記事

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

蒲郡で「オレンジロゲイニング」

 アウトドアスポーツの「蒲郡オレンジロゲイニング」が2日、蒲郡市内で行われた。県内外から129チーム358人が参加した。蒲郡マリンライオンズクラブ(夏目憲行会長)が創立30周年を記念して実行委員会を...

豊川いなり寿司フェスタ作品選考会

 豊川市のまちおこしNPO法人「みんなで豊川市をもりあげ隊」は26日夜、プリオで、12月8日に豊川稲荷で開催される「第10回豊川いなり寿司フェスタ」に備えた出展作品の選考会を行った。  例年は小中学生対...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク