全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

まちを守る

「花咲かせ隊」四季折々の花が見守る国府町

 新潟県で小学2年の女の子が近所に住む男に殺害された事件は、改めて子どもの安全を見つめ直す機会となった。不審者から子どもをどう守るか。地域がどう一丸となり、守るか。東三河での取り組みを3回にわたって紹介する。  豊川市国府町にある市立西部中学校。学校とそばを流れる音羽川の間に、小さな花畑がある。地元の市民団体「中町花咲かせ隊」が管理する約400㍍の畑では、春は菜の花、夏はヒマワリ、秋はコスモスと季節ごとに花が咲き乱れる。8年前から続く活動で、登下校する中学生たちの成長を見守っている。  かつてここは竹やぶだった。北の御油町方面にも雑木林があり、1990年代には日が暮れると不審者情報が続出。女子生徒が男に追い掛けられたり、わいせつな行為を受けるなどの被害が相次ぎ、学校は雑木林方面の通学を禁止するなどの措置を取った。  これを受けて、学校近隣にある同町中町の住民らが畑作りを立案。視界を広げ、竹やぶを花畑へと雰囲気を一変させた。花咲かせ隊の渡辺修己さんは「不審者が隠れたり、出没しやすい環境をなくてしまうことが大事。常に人々が訪れて、活気ある雰囲気づくりが犯罪を抑止する」と話す。  毎回、花の種まきには園児や小中学生、老人クラブや高齢者介護施設の利用者らが参加する。地域が一体となって生む花畑に、地元住民らの親しみは年々深まり、開花する頃には散策に訪れる人も多い。咲いた花は自由に持ち帰ることができ、活動の趣旨を伝える「お触れ書き」も立ち、憩いの場を創出している。  近年、この周辺では不審者情報は寄せられていない。

関連記事

諸鈍のデイゴ徐々に回復 近年にない咲きっぷり 加計呂麻島

 瀬戸内町加計呂麻島諸鈍のデイゴ並木が花を咲かせた。害虫被害で樹勢が衰えていたが、防除対策や樹勢を回復させる治療を施すなどして徐々に回復。今年は近年にない咲きっぷりで地元住民を喜ばせた。  諸...

宇部日報社

小野小で梅もぎ 丸々とした実に歓声【宇部】

 小野小(河口龍裕校長、23人)で26日、梅もぎが行われた。全校児童が運動場や校舎裏の梅林で丸々と成長した実に歓声を上げながら収獲を楽しんだ。    同校の梅雨入り前の恒例行事として、40年以上...

10メートル空けてラン 総合体育館再開 帯広

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い休止していた、帯広市内の総合体育館(よつ葉アリーナ十勝)や道立美術館など多くの公共施設が26日、運営を再開した。  帯広市の施設でこの日再開したのは総合体...

釧路新聞社

飛沫防護具700個製作【釧路】

   釧路工業高等専門学校(小林幸夫校長)は、新型コロナウイルス感染症と最前線で戦う医療従事者に使ってもらおうと、飛(ひ)沫(まつ)防護具700個を自作し、釧路市内の医療機関などに寄贈する。すでに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク