全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

観光客の山麓周遊利便性向上へ 駒ケ根市地域公共交通協がバス実証運行開始 長野県

発着点の駒ケ根ファームスを出発する山麓周遊バス

長野県の駒ケ根市地域公共交通協議会は1日、観光トップシーズンに合わせて、駒ケ根高原に点在する観光拠点を巡る「山麓周遊バス」の今年度の実証運行を開始した。観光客らが周遊するのに適した交通システムを探る取り組みで、今年で4年目。乗客の利便性を高めるため、1日の運行本数を前年度の4便から6便へと拡大し、停留所数も7カ所から10カ所へと増加。26年度の本格運行を視野に、効果的な運行ルートやダイヤの設定を検証していく。

運行期間は12月1日までで、夏から紅葉シーズンにかけて楽しんでもらおうと、前年度から1カ月延長。バスは座席上の天窓が開くタイプで、好評を得た前年度に引き続き採用した。運行ルートは、駒ケ根ファームスを発着点に、大沼湖、光前寺、こぶしの湯、養命酒製造駒ケ根工場、ビアンデさくら亭、北川製菓、マルス駒ケ岳蒸溜所、こまゆき荘、ぴんころ神社を回る1周1時間のコース。駒ケ根ファームスを発車する時間は午前10時10分の始発から第6便まで、1時間間隔にした。運賃は1回500円、1日券1000円(小学生以下は無料)。

初日の午前中は雨が激しく降り、利用客は伸びなかった。始発のバスを見送った市の担当職員は「観光客をはじめ、市民の皆さんにも乗車してもらい、駒ケ根高原の魅力を感じてもらえれば」と願っていた。

同協議会は2021年度、中央アルプス山麓の多彩な観光資源を結んで周遊を促進させる交通システムの導入を目指し、実証実験を開始した。運賃を有償に切り替えた2023年度は7月1日~10月末に運行。1便当たりの平均利用者数は2・1~3・4人と芳しくなかった。ただ、利用者には、車両設備や自然環境などが好評で、大半が運行の継続を希望したという。

関連記事

「クルーズ船に乗ろう」 シンポ開催、魅力語る 日本観光振興協、市主催

 宮古島クルーズシンポジウム(主催・日本観光振興協会、市)が20日、マティダ市民劇場で開催された。会場には市民らが多数集まり、基調講演やパネルディスカッションに耳を傾け、クルーズ船の魅力と課題につい...

長野日報社

待ち望んだ中ア絶景 駒ケ岳ロープウェイ運行再開 長野県駒ケ根市

 アクセス道路が土砂崩れで通行止めとなった影響で運休していた、中央アルプス駒ケ岳ロープウェイの運行が20日に再開され、中アに本格的な夏山シーズンが到来した。待ち望んだ観光客や登山者らが次々にゴン...

「豊橋祇園祭」が開幕 350本の手筒花火披露

 豊橋市関屋町の吉田神社で19日、夏の一大風物詩「豊橋祇園祭」が開幕した。午後6時半から、8町の氏子らによる奉納手筒花火の神前放陽が披露され、境内は大勢の見物客でにぎわった。  吉田神社は手筒花火...

23年度観光収入911億円 今年度で計画目標達成へ 市観光推進協

 宮古島市観光推進協議会(会長・吉井良介宮古島観光協会長)の2024年度第1回会合が16日、市役所で開かれた。第2次観光振興基本計画の進捗(しんちょく)では、23年度観光収入は約131億円増の91...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク