全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

元五輪選手招き諏訪湖でヨット体験会 長野県セーリング連盟

諏訪湖でヨットを体験する県内の子どもたち。ロス五輪に出場した山本悟さんの話も聞いた

 長野県セーリング連盟は30日、「諏訪湖ヨット体験」を諏訪市の諏訪湖ヨットハーバーで開いた。県内の小学3~6年生と中学生を対象とした体験会で15人が参加。1984年ロサンゼルス五輪に出場した山本悟さん(61)=兵庫県=と一緒に湖上に繰り出し、風を受けて走るヨットの楽しさを味わった。

 諏訪湖に親しみ、ヨットの競技人口拡大にもつなげたいと開催した。山本さんは大学生の時に五輪に出場し、現在は日本連盟のアカデミー委員会講師を務める。「開会式では10万人の視線を受けた。鳥肌がぶわっと立った」「練習は厳しいが、感動に出合うと過去の苦しさはなくなる」と経験を語り、今回の体験会でヨットが好きになって、4年後に長野県で開催される国民スポーツ大会の舞台に立つ子が出ることも望んだ。

 子どもたちはまず、県連盟関係者から路面に置いた陸上ヨットで基本技術を学び、救命胴衣を着用して湖上へ。代わる代わるヨットに乗って舵を操るなどし、湖面をすいすいと進んだ。

 山本さんは船に乗って並走し、アドバイスを送ったり激励したり、「楽しいかい」と問い掛けたりした。上田市の小学4年生(10)は「ヨットは初めて。風を切って進むところが楽しいです」と笑顔だった。

関連記事

水中駅伝で水しぶき 下地与那覇湾 干潟でユニーク競技 5年ぶりサニツ浜カー..

 宮古島市下地の与那覇湾(通称サニツ浜)の広大な干潟を舞台に、水中駅伝や綱引きなどのユニークな競技を行う「第30回サニツ浜カーニバル」(主催・東急ホテル&リゾーツ、宮古島来間リゾートシーウッドホテル...

北羽新報社

全国のトップ花火師 節目を彩る 第20回「港まつり能代の花火」

 能代の夏の風物詩の一つ「港まつり能代の花火」が20日夜、能代市の能代港下浜埠頭(ふとう)で開かれ、夜空にスターマイン(速射連発花火)など約1万5千発の大輪を打ち上げた。20回の節目を記念して、大仙...

人工育雛成功の「亜種アカモズ」公開 のんほいパーク

 豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)は、昨夏に国内で初めて人工育雛(いくすう)に成功した絶滅危惧種「亜種アカモズ」を園内で公開している。分散飼育で譲った個体を除く3羽を飼育中で、野外適応に取り組...

「豊橋祇園祭」が開幕 350本の手筒花火披露

 豊橋市関屋町の吉田神社で19日、夏の一大風物詩「豊橋祇園祭」が開幕した。午後6時半から、8町の氏子らによる奉納手筒花火の神前放陽が披露され、境内は大勢の見物客でにぎわった。  吉田神社は手筒花火...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク