全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる

南高梅を機械で選別し、傷などを確認する作業員(27日、田辺市下三栖で)

 紀南の特産である梅の主力品種「南高」の収穫が始まった。 

 JA紀南管内では各地にある選果場に、その日中に持ち込まれ、全国の市場に出荷される。育ちは平年よりやや早く、収穫のピークは6月上旬。作柄は昨年より良く、平年並みと見込まれる。  JA紀南によると、管内の田辺・西牟婁で約2500戸の農家が梅を栽培しており、栽培面積は計2228ヘクタール。そのうち南高は8割以上を占めている。青梅としての収穫は低地では27日から始まり、山間部は6月に入ってからの見込み。収穫した梅は、和歌山県田辺市下三栖にある総合選果場のほか、各地にある選果場に持ち込まれる。  初日の27日、総合選果場では農家から持ち込まれた梅を機械で階級別に選別し、箱詰めした。作業員も傷などを確認した。翌日以降に関東や中京、京阪神など全国の市場に出荷する。農家らは直接、市内の市場や農産物直売所にも持ち込んでいる。  収穫の初期は梅酒やジュースに加工する青梅用で、梅干し用の熟した梅の収穫は6月10日ごろからの見込み。7月中旬まで続く。  JA紀南梅部会による5月21日時点での南高の収穫量予想は、2万1748トン(昨年比123%、平年比97%)。そのうちJA紀南を通じての青梅の各市場への出荷量は、2800トン(昨年比125%)と見込んでいる。

関連記事

荘内日報社

世界の課題と鶴岡の食文化 フーデェヴァーでイベント「パネル展」

 世界の課題と鶴岡の食文化を考えるパネル展が18日から、JR鶴岡駅前の「つるおか食文化市場フーデェヴァー」で始まった。  国連が定めた「持続可能な食文化の日」(6月18日)に合わせて、世界のユネスコ食...

紀伊民報社

「かきまでご飯の素」人気 印南郷土料理を手軽に

 和歌山県印南町の郷土料理、かきまぜご飯を家庭でも簡単に食べられるように具材を密封容器に入れ、5月から販売している「かきまでご飯の素」が人気だ。  印南町では昔から祭りや結婚式など人が集まる時...

県民カレッジが開講 受講生22人、薬膳料理学ぶ

 「やいま 再発見!」をメーンテーマとした2018年度おきなわ県民カレッジ広域学習サービス講座(沖縄県教育委員会主催)が10日、開講した。同日午前、第1回講座「食べる健康 島野菜で長夏のかんたん...

紀伊民報社

生マグロ販売拠点に 勝浦漁港「にぎわい市場」完成

 日本有数の生マグロの水揚げ量を誇る和歌山県那智勝浦町は8日、生マグロなどの販売拠点として整備を進めていた「勝浦漁港にぎわい市場」が完成し、23日にオープンすると発表した。新鮮な生マグロや料理を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク