全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる

南高梅を機械で選別し、傷などを確認する作業員(27日、田辺市下三栖で)

 紀南の特産である梅の主力品種「南高」の収穫が始まった。 

 JA紀南管内では各地にある選果場に、その日中に持ち込まれ、全国の市場に出荷される。育ちは平年よりやや早く、収穫のピークは6月上旬。作柄は昨年より良く、平年並みと見込まれる。  JA紀南によると、管内の田辺・西牟婁で約2500戸の農家が梅を栽培しており、栽培面積は計2228ヘクタール。そのうち南高は8割以上を占めている。青梅としての収穫は低地では27日から始まり、山間部は6月に入ってからの見込み。収穫した梅は、和歌山県田辺市下三栖にある総合選果場のほか、各地にある選果場に持ち込まれる。  初日の27日、総合選果場では農家から持ち込まれた梅を機械で階級別に選別し、箱詰めした。作業員も傷などを確認した。翌日以降に関東や中京、京阪神など全国の市場に出荷する。農家らは直接、市内の市場や農産物直売所にも持ち込んでいる。  収穫の初期は梅酒やジュースに加工する青梅用で、梅干し用の熟した梅の収穫は6月10日ごろからの見込み。7月中旬まで続く。  JA紀南梅部会による5月21日時点での南高の収穫量予想は、2万1748トン(昨年比123%、平年比97%)。そのうちJA紀南を通じての青梅の各市場への出荷量は、2800トン(昨年比125%)と見込んでいる。

関連記事

長野日報社

多彩なガレット味わう 伊那でマルシェ

 信州伊那谷ガレット協議会は14日、「ガレットマルシェ2018」を伊那市の県伊那文化会館・さわやか広場で開いた。地元産のそば粉と食材を使った多彩な「伊那谷ガレット」が集合。家族やカップルらが買...

長野日報社

諏訪の酒と信州の味覚楽しむ 上諏訪街道・秋の呑みあるき

 諏訪市の国道20号沿いにある酒蔵5蔵を巡り日本酒を楽しむイベント「上諏訪街道・秋の呑みあるき」(同実行委員会主催)が6日から始まった。安全対策などの面から春と同じ2日間開催し、各日限定2000...

長野日報社

味に期待し仕込み式 赤ワイン「宮田紫輝」

 宮田村で栽培したヤマソービニオンを使った2018年産赤ワイン「宮田紫輝」の仕込み式が5日、同村新田の本坊酒造マルス信州蒸溜所で行われた。生産者から持ち込まれたブドウを破砕機に投入し、仕込み...

紀伊民報社

キクラゲでスイーツ 復興の印商品化

 和歌山県田辺市伏菟野の団体が橋本市と連携して商品開発したパウンドケーキが、飲食店情報を集めたウェブサイト「ぐるなび」の土産品紹介企画で取り上げられる。2011年の紀伊半島大水害からの復興を目指...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク