全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる

南高梅を機械で選別し、傷などを確認する作業員(27日、田辺市下三栖で)

 紀南の特産である梅の主力品種「南高」の収穫が始まった。 

 JA紀南管内では各地にある選果場に、その日中に持ち込まれ、全国の市場に出荷される。育ちは平年よりやや早く、収穫のピークは6月上旬。作柄は昨年より良く、平年並みと見込まれる。  JA紀南によると、管内の田辺・西牟婁で約2500戸の農家が梅を栽培しており、栽培面積は計2228ヘクタール。そのうち南高は8割以上を占めている。青梅としての収穫は低地では27日から始まり、山間部は6月に入ってからの見込み。収穫した梅は、和歌山県田辺市下三栖にある総合選果場のほか、各地にある選果場に持ち込まれる。  初日の27日、総合選果場では農家から持ち込まれた梅を機械で階級別に選別し、箱詰めした。作業員も傷などを確認した。翌日以降に関東や中京、京阪神など全国の市場に出荷する。農家らは直接、市内の市場や農産物直売所にも持ち込んでいる。  収穫の初期は梅酒やジュースに加工する青梅用で、梅干し用の熟した梅の収穫は6月10日ごろからの見込み。7月中旬まで続く。  JA紀南梅部会による5月21日時点での南高の収穫量予想は、2万1748トン(昨年比123%、平年比97%)。そのうちJA紀南を通じての青梅の各市場への出荷量は、2800トン(昨年比125%)と見込んでいる。

関連記事

十勝ポップコーン モンストとコラボ 全国発売 本別

 前田農産食品(弥生町、前田茂雄社長)は、人気アプリ「モンスターストライク」を手掛ける「ミクシィ」(東京)とコラボし、同アプリのキャラクターが描かれたオリジナルカード入りの「十勝ポップコーン」を限...

帯広農業高校「豆ぐると」 道がヘルシー認定 管内初

 帯広農業高校の食品科学科地域資源活用班が開発した豆乳ヨーグルト「豆ぐると」が、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定された。これまで十勝管内の企...

「酪佳」日米便 機内食に さらべつチーズ工房

 さらべつチーズ工房(村更別北1線、野矢譲司社長)のセミハードタイプのゴーダチーズ「酪佳(らくか)」が、3月から米航空大手デルタ航空のビジネスクラスの機内食のメニューの一つに採用された。これまで世...

十勝の新ヨーグルト発売 地場乳酸菌で3種

 十勝の生乳由来の乳酸菌「十勝ミルク乳酸菌TM96」を使ったヨーグルトが5日、帯広市内などで一斉に発売された。スーパー・フクハラいっきゅう店(西19南2)では、特設コーナーを設け商品をPRしている...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク