全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「第50回砂まつり大会」 力作並ぶ

最優秀の「万里の長城~白浜うまれのパンダたちは元気でした」

 和歌山県白浜町の白良浜で27日、砂像の造形美を競う「第50回砂まつり大会」(白浜観光協会主催)があった。力作が砂浜に並び、観光客を楽しませた。  白良浜の美しい白砂をPRしようと、北海道の「さっぽろ雪まつり」をヒントに1968年に始まった。  晴天に恵まれ、29チームの参加者約700人が、用意された砂山を使って早朝から制作した。パンダにちなんだ作品が多く、開港50周年を迎えた南紀白浜空港をテーマにした作品もあった。審査の結果、最優秀の県観光連盟会長賞は、チーム「いのねずみ会」の作品「万里の長城~白浜うまれのパンダたちは元気でした」=写真=に決まった。  田辺市芳養地域に住む小学生以上の14人で参加したチーム「ダンディーはやもん」は、脚の吸盤まで丁寧に再現した「大だこ」を作り、最優秀に次ぐ町長賞に選ばれた。メンバーの同市芳養町の配管業、岡本崇史さん(47)は「みんなで作業できる作品にしたかった。去年よりもいい作品ができた」と喜んだ。

関連記事

長野日報社

梶の葉に願い事 高島城で七夕イベント

 諏訪市の高島城で23日から、七夕にちなんだ催し「梶の葉さらさら」が始まった。高島藩主諏訪家の家紋「梶の葉」をかたどった5色の短冊に来館者が願い事を書き、天守閣入り口に飾られたササ竹4本に結ん...

サバニレース向けてエークさばきに磨き 女性だけのチーム「羽

 【西表】西表島に女性クルーだけのサバニチーム「羽(ぱに)」がある。来る24日の座間味島~那覇間約35㌔を帆漕する「第19回サバニ帆漕レース」に向け、毎週猛練習を積み、力強いエーク(かい)さばきを磨い...

長野日報社

長~い寒天ゼリーがギネス認定 美篶小6年生

 世界一長い寒天ゼリーを作ろう―と2016年冬にギネス世界記録に挑んだ伊那市美篶小学校6年たいよう学年の2学級73人は、記録を樹立したとして国内の認定会社ギネスワールドレコーズジャパンから公式認...

郡内各地で「海神祭」にぎわう ユッカヌヒー

 「ユッカヌヒー」(旧暦5月4日)の17日、郡内各地で漁業者の航海安全と豊漁を祈願する海神祭が行われた。このうち郡内最大の石垣市爬龍船競漕(きょうそう)大会(同実行委員会主催)は浜崎町の石垣漁港で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク