全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

荒汐部屋の夏合宿に向けて新たに整備された土俵=下諏訪町の赤砂崎公園

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し、今年も力士たちを受け入れる準備が整った。7月5日に「土俵祭り」を開き、土俵を一般に披露する。夏合宿は8月5日~14日に行い、稽古を一般公開する。

 荒汐部屋の同町での夏合宿は2018年に始まり、コロナ禍で中断したが、昨年、4年ぶりに復活した。これまでは下諏訪南小の校庭の土俵を使用してきたが、見学者用の駐車場がないことや力士の安全面などを考慮し、新たな練習拠点を検討し、赤砂崎公園に土俵を新設することになった。

 土俵の場所は、砥川左岸の同公園多目的広場横の町有地で、リンゴ畑やバスケットボールコートが隣接し、東側には諏訪湖を望む。整備作業は今月10日から始まり、業者が地盤を整地後、町が大型テントを設置した。20日から、本場所や各地の土俵造りを専門に担う日本相撲協会の「呼出し」5人が訪れ、本場所と同じ製法・土を用いて土俵を仕上げた。

 土俵は約8メートル四方、高さ約30センチ。細い俵をつなげた円形土俵の直径は4.55メートルで、本場所と同じ。22日は呼出したちが「たたき」と呼ばれる専用の道具で、粘土質の土をたたいて固めた。

 この日は同町出身で荒汐部屋後援会幹事の藤井明日香さん(62)=東京都=も訪れ、土俵の整備を見守り「力士たちにとって結果につながる合宿となってほしい。諏訪の人たちが温かく迎えてくれてありがたい」と話した。諏訪湖後援会の濱康幸会長(73)=同町=は「新しい土俵で力士たちに安全に思い切り稽古してほしい」と願った。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク