全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院負担の軽減につながる」(保健福祉課)とする。実証実験は2025年3月31日まで。

 公立病院がない同町では、社会医療法人北斗(帯広、鎌田一理事長)が運営する「上士幌クリニック」が、24時間態勢で365日診療で、子どものかぜや軽症のけがなどにも対応しているが、小児科専門医はいない状況だ。このため、子どもを持つ親は、帯広市内の休日・夜間救急当番医などに通院させるケースも多く、受診頻度が高まるに連れ、移動距離や時間面などで負担となっていた。

 町は、オンライン診療を進めることで、こうした負担を減らすほか、病気への早期対応と重症化予防を強化していく考え。医療相談をしやすくすることで、救急外来を減らす効果も期待できるため、同クリニックの負担軽減にもつなげたいとする。

 実証実験を担う「ファストドクター」(東京)は、全国約3500の医療機関と提携し、夜間・休日の往診医療やオンライン診療を展開。すでに、旭川市など全国で30以上の自治体と連携している。

 同町でのオンライン診療は、事前に保険証や支払い方法の登録が必要。受診時は専用ページで受け付け、順番になると同社提携医師からメールが届く。スマートフォンなどのビデオ通話を使い、相談と診察を受けられる。

 発熱、嘔吐(おうと)、頭痛、せき、下痢、湿疹などの症状が対象で、慢性期症状は対象外。薬は指定した薬局で、薬局の営業時間内に受け取れる。

 町内在住の0~18歳未満で、子ども医療費助成制度適用者が条件。同社は受診1件当たりのシステム利用料を330円としているが、実証期間中は無料。

 町保健福祉課の岸美香主幹は、「オンライン診療を多くの人に知ってもらうことで、地域住民や母親らの不安軽減につなげたい」と説明。利用者にアンケートも行い、25年度以降にオンライン診療を実施するかどうか決める予定だ。

 利用時間は月-金曜が午後6時~翌午前9時、土曜は正午~翌午前9時、日曜・祝日は午前9時~翌午前9時。問い合わせは同課(01564・2・4128)へ。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク