全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

新緑の参道を花嫁行列

22人の美しい花嫁行列が見物客を魅了(能代市の日吉神社で)

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」が26日行われた。県内外から参加した22人の女性が新緑に包まれた参道であでやかな花嫁行列を披露し、大勢の観光客や見物客を魅了した。

 嫁見まつりは、同神社の祭事「中の申祭」の宵祭として伝わる。新妻が良縁に感謝し、幸福を願って婚礼衣装で参詣する。近年は幸せな結婚を願って参加する女性も多い。
 今年は京都府や東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の7人を含む22人が参加し、昨年と同数で過去最多に並んだ。午後4時ごろ、あでやかな着物姿の女性たちが神社に参集。同5時30分から花嫁行列を行った。
 参道の周りは大勢の見物客で埋まった。色とりどりの着物に日本髪の女性たちは、夫や家族に手を引かれて静々と歩いた。新緑に映える光景を見詰める人たちから「きれい」とため息が漏れた。
 三種町出身の二木優奈さん(21)=秋田市=は、夫の空夢さん(21)と参加。「昨年7月の結婚式ではドレスだけだったので、和装をすることができて大切な思い出になる」と笑顔を見せた。
 華やかな花嫁行列は市外にも広く知られる。横浜市の大坂屋正夫さん(54)は、能代市にある妻の実家へ滞在中に足を運んだ。「華やかで、ほかでは見られない祭りだと思う」と話した。
 花嫁行列に先立ち、子どもたちによる「着物行列」も披露されたほか、境内には地元グルメを販売する屋台や呈茶席も設けられた。
 まつりは一昨年まで風習にのっとり旧暦4月の「中の申の日」の前日に行っていたが、平日に重なって花嫁の参加が少ない年もあった。伝統行事を安定的に続けていこうと、昨年から参加しやすさに配慮して土曜日に実施している。

関連記事

長野日報社

品種も多彩シクラメン 信大農学部構内で鉢植え販売

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で、学生らが育てたシクラメンの鉢植えの販売が行われている。今年新たに栽培を手掛けた2品種を含む20品種1600鉢を用意。多彩な花姿や鮮やかな色合いに...

干支の置物制作

ワークス岩西で連日作業に励む  豊橋市高師町の多機能型事業所・就労継続支援A型事業所「ワークス岩西」(坂神美惠所長)で、今年も主力製品の1つである陶の「干支(えと)置物」を販売中。昨年好評だったこ...

荘内日報社

北海道石狩市 国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」 復元へ鶴岡に協力要請

 北海道石狩市浜益区に、幕末に幕府の命を受け北方警備のために庄内藩が築いた国指定史跡「荘内藩ハママシケ陣屋跡」がある。この庄内藩ゆかりの史跡の保存と活用に向け、石狩市教育委員会や札幌山形県人会など...

紀伊民報社

白浜沖に浮き魚礁 ケンケン漁の漁場づくり

 和歌山県は、ケンケン漁(ひき縄漁)の漁場を紀南近海につくるため、11月中に表層型浮き魚礁3基を白浜町沖に設置する。浮き魚礁の事業は2012年度から始まり、3基投入したが、沈没や漂流ですべて失っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク