全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

栽培甘栗使って商品開発 初崎製作所と赤穂高生 長野県

「あまぐり和紅茶」をベースにしたオリジナルドリンクの開発に取り組む赤穂高商業科の生徒ら

 精密機器製造の初崎製作所(長野県宮田村大田切、初崎哲也社長)と赤穂高校(駒ケ根市)商業科の3年生は、同社が栽培する甘栗を原料にしたドリンクとパンの商品開発に取り組んでいる。共同での商品開発は昨年度に続いて2度目で、今年度も同社の国産甘栗「しなのあまぐり」を使用。同校で20日、開発中のドリンクの試作と試飲が行われた。

 同社は2013年から、村内と飯島町内の計約2万平方メートルの自社農園で希少な国産甘栗を栽培している。両者による商品開発は、同科3年生の課題研究授業の一つ「商品開発グループ」に甘栗の新たな商品化を依頼したのがきっかけ。昨年度は開発したドリンクを同校の文化祭や信州大学農学部の学園祭「落葉松祭」で売り出した。

 4月から週2回の授業で研究や検討を重ねてきた同グループの生徒10人。同社の「あまぐり和紅茶」をベースにフルーツやココア、牛乳などを加えた5種類のドリンクを試作した。イチゴやリンゴを入れて爽やかな味に仕上げたグループの一人(17)は「どの商品もおいしい。選ぶのが難しい」と感想。初崎社長は「生徒には自分が飲みたいドリンクを作ってほしいと伝えている。フルーツなどの材料も地元産を使えれば」と期待していた。

 環境に配慮し、容器は再利用できるボトルを採用する。甘栗を使用したパンは生徒のアイデアを基に業者が作り、24日に試食予定。同日に開発するドリンクを1種類に絞る。ともに7月20日の文化祭でテスト販売し、感想や意見を集めて秋以降の商品化につなげる計画だ。

関連記事

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

帯広・福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

節目おいしく 音更・ハピオ30周年ハピまん、帯広・東洋食肉10周年鶏まん

 今年で開店30周年を迎えた木野農協系スーパー・ハピオ(音更町、黒田浩光社長)と、開所10周年を迎えた東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)はそれぞれ、記念企画として新商品の中華まんじゅう...

長野日報社

南箕輪開発公社 ハナマルキとコラボの「塩こうじプリン」6日から販売 長野県

長野県の南箕輪村開発公社(原賢三郎社長)とみそ・醸造製品メーカー「ハナマルキ」(本社・伊那市)が塩こうじを使った「塩こうじプリン」を開発し、6日から販売を開始する。同公社が企画、販売する人気商...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク