全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

のこぎりで杉の枝打ち作業を体験する児童(能代市二ツ井町梅内で)

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちなど手入れも欠かせないことを学び、林業に理解を深めた。
 枝打ち体験は、森林資源を生かした地域活性化に取り組む「二ツ井宝の森林(やま)プロジェクト」(野呂勝彦代表)が協力して毎年行っているふるさと教育活動。3年生26人が参加し、同プロジェクトの会員たちから、杉林を育てていくにはどんな作業が必要なのかを教わった。
 児童たちは細い木を間引くために伐倒する様子を見学し、直径30㌢ほど、高さ17㍍もある杉が大きな音を立てて倒れると驚きの声を上げたほか、4月に植菌作業を行ったキノコの原木がどうなっているかを確かめた。
 この後、児童たちは、のこぎりの扱い方を教えてもらいながら杉の枝を1本ずつ丁寧に切り落とす作業に挑戦した。太めの枝には少し苦労しながらも、のこぎりの扱いにもすぐに慣れて手際良く切り落とすなど楽しみながら作業を体験。切り落とした枝の大きさを友達同士で自慢するように見せ合っていた。
 松嶋圭臣君は「のこぎりで切る時にはあまり力を入れなくてもいいと教えてもらったけど、ちょっと力が入って引っ掛かったりした。でも、やってみると面白いと思った」と話した。
 枝打ち作業後には林の中で取ったササの葉で笹舟を作って種梅川に流す遊びも体験した。児童たちは地域の人たちが普段から手入れして育ててきた山林からさまざまな恵みが得られることや、その中には遊びもあることを知って楽しんでいた。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク