全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

原村払沢にブルーベリー観光農園をオープンする清水裕介さん・安子さん夫妻

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備してきた。妻の安子さん(65)とともに、八ケ岳の山々が望める場所で、約40種類の摘み取りが楽しめる観光農園を開業する。

 医薬品製造メーカー勤務を経て64歳で退職した清水さんは、第2の人生を考えた際に、これまで取り組んできた職種とは全く違ったことをしたいと、未経験の農業に挑戦することを決意。収穫までの期間が短く、家庭菜園で育てた経験があったブルーベリーを栽培することにした。

 退職後すぐに、日本ブルーベリー協会理事の小尾能敏さんに師事し、栽培方法などを一から学んだ。同時に農地を探しており、同村が企画した移住イベントに参加。標高の高い寒冷地でブルーベリーの栽培に適した気候であるとともに、自然の豊かさや八ケ岳に引かれ、2020年秋に単身で移住した。交通の便が良く、景観が良い場所を条件に農地を選んだ。

 ただ、延べ115アールほどある農地は耕作放棄地で、背丈ほどのアシやイバラ、クリやクルミの木が一面に。清水さんは木の伐採や伐根など1年がかりで開拓し、整備した。

 ブルーベリーの育苗は22年から自宅裏の畑で開始。寒冷地に合うという北部ハイブッシュ系を中心に栽培しており、「チャンドラー」や「ハナンズチョイス」など甘くて大粒の品種が多い。

 農園は早生、中生、晩生の品種で3区画に分かれ、約40品種が植樹されたポットがずらりと並ぶ。その時食べ頃のブルーベリーを提供する。駐車場スペースや男女別のトイレも完備したほか、摘み取り場にはシートを敷き、車いすでも入れるように整備した。

 将来的には8区画まで増やし、より多くの品種を楽しめるよう計画している。「おいしいブルーベリーを提供する自信がある。多くの人に足を運んでもらえる観光農園にして、村の活性にも貢献できれば」と裕介さん。「ブルーベリーが村の一つのブランドとなり、農園も増えていったら」と夢を語った。

 摘み取りの開始は6月末~7月になる見込み。営業は午前8時~午後5時。完全予約制で、120分食べ放題。料金は中学生以上2000円、小学生1000円、小学生未満無料。オープニング記念として、今年は村内の住民は半額。予約はホームページから。

関連記事

長野日報社

霧ケ峰ニッコウキスゲ「当たり年」 花も人出も最盛期 長野県

 夏の3連休がスタートした13日、長野県諏訪、茅野、下諏訪の3市町にまたがる霧ケ峰には見頃を迎えたニッコウキスゲを目当てに大勢の観光客やハイカーが訪れた。今夏は花やつぼみが多い「当たり年」とされ...

長野日報社

立石公園のライブカメラ運用開始 長野県諏訪市

 長野県諏訪市は、諏訪湖を見下ろす絶景スポットの同市立石公園でライブカメラの運用を始めた。広角映像で2カ所にある駐車場まで映し出し、高台にある公園に出掛ける前に駐車場や道路の混雑状況が分かるよ...

紀伊民報社

パンダくろしお出発 世界遺産20周年で観光キャンペーン

 「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録が7日で20周年を迎えるのを記念して、和歌山県やJR西日本などによる観光促進事業「聖地リゾート!和歌山キャンペーン」の出発式が6日、大阪市の新大阪駅であ...

長野日報社

観光客の山麓周遊利便性向上へ 駒ケ根市地域公共交通協がバス実証運行開始 ..

長野県の駒ケ根市地域公共交通協議会は1日、観光トップシーズンに合わせて、駒ケ根高原に点在する観光拠点を巡る「山麓周遊バス」の今年度の実証運行を開始した。観光客らが周遊するのに適した交通システム...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク