全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「赤いルバーブ」全国の百貨店へ 長野県富士見町特産、出荷始まる

全国の百貨店へ出荷が始まった富士見町特産野菜の「赤いルバーブ」=同町富士見区の集出荷施設

 長野県富士見町ルバーブ生産組合の農家が栽培する町特産野菜「赤いルバーブ」の出荷が始まっている。同町富士見区内にある集出荷施設では、町内各地から集まった赤いルバーブの袋詰めに組合独自のステッカーを貼り、全国の百貨店へ発送している。

 ルバーブはシベリア原産のタデ科の野菜で独特の酸味が特徴。ジャムやピクルスの食材として人気があるほか、料理や菓子の食材にすると、鮮やかな深紅の色合いが食欲をそそるという。組合による成分の分析では、食物繊維やカリウム、カルシウムなどを豊富に含んでいる。

 今年は春先の寒さで「茎は幾分細め」。百貨店への出荷は今月6日から始まった。出荷先に応じて1袋300グラムと500グラムに分けて袋に詰め、宅配便で発送する。一般の注文は組合のホームページで受け付けている。出荷は10月末まで続くという。

 早川貴樹副組合長(70)は「富士見産特有の赤色を楽しんでいただくため、朝採りしたルバーブを冷蔵保存したまま消費者に届ける品質管理に努めている」とし、生産量を確保するため「可能な方は組合に入会し、ぜひ出荷に協力してほしい」と呼び掛けた。

関連記事

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

帯広・福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

節目おいしく 音更・ハピオ30周年ハピまん、帯広・東洋食肉10周年鶏まん

 今年で開店30周年を迎えた木野農協系スーパー・ハピオ(音更町、黒田浩光社長)と、開所10周年を迎えた東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)はそれぞれ、記念企画として新商品の中華まんじゅう...

長野日報社

南箕輪開発公社 ハナマルキとコラボの「塩こうじプリン」6日から販売 長野県

長野県の南箕輪村開発公社(原賢三郎社長)とみそ・醸造製品メーカー「ハナマルキ」(本社・伊那市)が塩こうじを使った「塩こうじプリン」を開発し、6日から販売を開始する。同公社が企画、販売する人気商...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク