全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

こけら落とし公演が行われた平原通り小劇場

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り出しとなった。

 同劇場は「ギャルリーシノカワ」の地下に設けた。210平方メートルの広さに、座席数80席のほか、舞台(幅6メートル、奥行き8メートル)には、最新機器の照明や音響装置も設置。演劇に限らず、音楽ライブやお笑いなど幅広い利活用を想定し、演出に合わせて、椅子の数や位置を変更できる仕様になっている。

 こけら落とし公演は、劇団「札幌座」の斎藤歩さん(59)が、ハンガリーの作家カリンティの戯曲を脚色し、1995年から上演している名作「亀、もしくは…。」。精神療養所を舞台にしたブラックコメディーで、「正常と異常の境目」をテーマに、斎藤さんの他、山野久治さん(風の色)、宮林康さん(アクセント)、川崎勇人さん(劇団東京乾電池)の4人が熱演を繰り広げた。

 舞台と客席の近さが同劇場の特徴で、観客は俳優の息遣いなどを間近で感じながら、約1時間の作品にのめり込んだ。娘と二人で来場した帯広市の小林真理亜さん(52)は、「小劇場ならではの迫力があり、とても感動した」と話していた。

 斎藤さんは北海道演劇財団の理事長を務めており、同劇場については、「『もっとこうした方がいい』と思う部分はあるが、上演を重ねるうちに出来上がっていくもの。使う場面によって都合の良い設定ができる舞台だし、サイズ感もちょうど良い」と話した。

 さらに、「中心街にあるということが一番の強み」とし、「足を運びやすいだけでなく、劇などを見た後に飲食店で感想を話し合うこともできる。客にとっても地域の産業にとっても良いこと」と語った。

 同劇場ではすでに次の公演予約も入っており、オーナーであるコスモスハート(帯広)の勝海敏正社長は「いろんな人がいろんな発信をする場所として使ってほしい」としている。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク