全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

「宣誓式」でナイチンゲール像から火をもらい受ける(秋田しらかみ看護学院で)

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを誓い合った。
 同学院は開学以来、看護の心を継承する「戴帽式」を行ってきたが、看護師の象徴であるナースキャップにこだわらず、自身の決意を明確にすることが大切だと考え、今年度から「宣誓式」に変更して開催することにした。
 式は在校生や教職員、保護者らが見守る中で、はじめに宣誓の儀を行い、一人ひとりが教員から点呼を受けた後、ナイチンゲール像の火をキャンドルに移して壇上に整列。ロウソクの火が揺れ、厳粛な雰囲気に包まれる中、全員で「周りの方々への感謝を忘れずに、畏敬の念を大切にできる看護師を目指します」と誓いの言葉を述べた。
 近藤学院長は式辞で、ナイチンゲールの「目的を高く掲げなさい。あなたの生涯を通して、この最初の一年に築いた基礎の上に立って、自分を訓練し続けなければなりません」という言葉に触れ、「専門職の知識や技術に限界はない。皆さんが立派に専門職としてのサイエンスとアートを身に付けていくことを期待しています」と激励した。
 来賓の祝辞に続き、上級生を代表して佐々木美里さん(3年)が「これからの実習で迷いや困難にぶつかることもあると思う。患者さんが必要としていることを考え、コミュニケーションを大切にしながら、仲間と協力して乗り越えてほしい」と呼び掛けた。
 最後に2年生を代表して藤嶋美玖さんが謝辞を述べ、「看護の道のスタートに立った喜びと責任の重さを感じている。26期生は個性豊かでさまざまな価値観を持っているが、話し合うことや協力することの大切さを教えてくれる存在。切磋琢磨(せっさたくま)しながら、より良い看護の提供を目指していく」と力強く誓った。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク