全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

大勢の来場者でにぎわう展示会場=豊橋市総合体育館で

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触って楽しめる。地元大学の取り組みや親子でものづくりを体験できる催しもある。15日まで。

 8市町村の商工会議所と商工会で作る東三河広域経済連合会が隔年で開いている。東愛知新聞社など後援。今回は6年ぶりに新型コロナウイルス禍の制限がなく、初日から大勢の来場客でにぎわった。

 メイン会場では東三河を中心に企業や大学などが約150の展示ブースを構え、自慢の技術や知見を披露した。

 市内の豊橋製作所を拠点とするシンフォニアテクノロジーは、各種インフラ技術や自動車試験装置などの技術力を生かし、農作物の収穫を想定した屋外用リモート運搬台車の運転も披露した。

農作業用リモート運搬台車の実演

 ダンボール加工製造の共伸紙工(蒲郡市)は災害避難所で使う組立型ハウスを紹介した。名古屋工業大学と素材メーカーが共同開発したものを自社の加工技術で製品化した。2㍍四方の室内は高さが2・7㍍あり、圧迫感のない快適性が評価されて能登半島地震の被災地で1000棟が使われた。開発元が今後、全国の被災地へ供給するための仕組みづくりも進んでいるという。

 中小企業の業務効率化に生成AI「ChatGPT」を役立てる技術をはじめ、インターネット上の仮想空間を生かしたメタバースの応用なども紹介された。

ゴーグルを付けてメタバースを体験する来場者

 屋外では、「ほの国東三河観光ビューロー」がご当地グルメを集めた「ほの国東三河マルシェ」も開いている。

関連記事

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

イカダで16キロ悠々 十勝川下りに43艇 手作りで趣向凝らし

 十勝の夏の恒例イベント「第52回十勝川イカダ下り」(実行委主催)が7日、十勝川で開かれた。時折雨が降る中だったが、参加者は自慢の手作りイカダでゆったりと川の流れを楽しんだ。  スタート地点が...

北羽新報社

ブルーインパルス 能代市上空で初の編隊飛行 華麗な技で魅了

 航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」6機が6日、能代市の能代港上空で展示飛行を行い、市内外の観客や航空ファンから大きな歓声が上がった。のしろみなと祭りの30回目と開港50周年の節...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク