全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

海岸漂着物 釧路管内30㌧ 22年度、根室は18㌧

あいさつする冨樫くらし・子育て担当部長(中央)

 釧路、根室地域における海岸の良好な景観と環境の保全について協議する「釧根地域海岸漂着物対策推進協議会」が14日、釧路総合振興局で開かれ、ウェブ参加を含めた約40人の出席者が、海岸漂着物の処理や発生抑制に向けた情報を共有した。

 開会に当たり、同振興局の冨樫崇くらし・子育て担当部長が「道としても海岸漂着物の円滑な処理を進めるため、皆さまと連携して取り組みを推進していきたい」とあいさつした。議事では事務局から、道内振興局別に2022年度の海岸漂着物などの回収、処理実績や23年度に釧根管内自治体が行った取り組みなどが報告された。

 22年度に回収されたのは釧路管内が30・2㌧、根室管内が18・2㌧。回収物の割合は93%が流木で、回収理由で最も多かったのが漁業環境の保全が53件(24%)、次いで自然環境の保全が47件(22%)だった。

 このほか、事務局からは自治体が実施する漂着・漂流ごみの回収処理事業に関する補助制度の概要や、民間会社が行った道内の海岸漂着物組成調査概要報告などが示された。

 意見交換では、釧路市の担当者から「海岸漂着物の処理主体は海岸管理者である北海道であり、各市町村は道の要請に基づき、可能な範囲で処理に協力するべきではないか」との声が上がったほか、羅臼町の担当者からは、海岸漂着物等地域対策推進事業への道費上乗せなど、予算の拡充を求める意見が出た。

 これらについて、釧路建設管理部は「海岸保全施設のない海岸への漂着物は、海岸管理者による積極的な対応が困難であり、市町村が中心となって処理を進めざるを得ない」と理解を求め、予算の拡充については「財政事情が非常に厳しいことは認識している。今後ほかの建設管理部の実績などをみて検討を進めていきたい」と説明した。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク