全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅産地を守ろう 梅産地を守ろう 和歌山県田辺市

ひょうで傷の付いた和歌山県紀南地方の梅の実(5月)

 ひょうの被害などで影響を受けている地域の梅産業を支えようと、和歌山県田辺市は13日、支援策を発表した。農家への直接的な支援のほか、都市部での梅のPRイベントを企画。真砂充敏市長は「梅は地域の基幹産業。農家の経営を少しでも下支えして産地を守るとともに、田辺市が元気であることを広くPRしたい」と話している。

 産地では梅の収穫シーズンを迎えているが、今年は暖冬で不完全な花が多かった影響から、例年にない不作となっている。
 さらに3月に広範囲でひょうが降り、実に傷が付く被害があった。市内の被害額は、過去最大規模の約10億9千万円に上っている。
 一方で、肥料価格は高騰。2020年当時と比べると、1・35倍になっているという。
 市はそうした状況を受け、梅農家の営農を支援することで来年以降の安定的な生産につなげ、産地の維持を図ろうと、肥料代の一部を補助することにした。
 対象は市内に住所があり、梅のひょう被害を受けた農業者。次期作に必要な肥料代の価格高騰分について、3分の1を補助する方針。
 必要な予算2400万円を計上した本年度一般会計補正予算案を6月市議会に提案する。

■百貨店で梅のPRも
 梅のPRは今夏、阪神圏内の百貨店で企画している。ひょう被害などの影響が心配される中、梅の魅力を広く発信することで産地としてのブランド力を高めたいという。
 期間は7月下旬から8月上旬の1週間。詳細は未定だが、白干しや蜂蜜漬け、シソ漬けなどさまざまな種類の梅干しを取りそろえるほか、梅酒やドレッシング、ジャムなどの加工品も販売する予定にしている。
 疲労回復など梅の健康効果についても紹介。都市部の人たちに「梅がある生活」を提案したいという。
 事業はまちづくり会社「南紀みらい」に委託する予定。関連予算170万円を6月市議会に提案する。
 市商工振興課の担当者は「こうした機会を通じてたくさんの人に梅の魅力を知ってもらい、消費拡大につなげていきたい」と話している。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク