全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

古民家を多機能施設へ 山﨑さん夫妻、長野県茅野市でセルフリノベーション

土間部分の土を掘り、古民家のリノベーションに励む参加者たち

 長野県富士見町に住む山﨑隆一さん(51)、絢子さん(47)夫婦が、茅野市笹原の通称「宿中通り」沿いに残る築120~130年とみられる古民家の「セルフリノベーション」に取り組んでいる。地域交流拠点を見据えたカフェや観光案内所などを併設する多機能施設「水聴庵」を今年の秋ごろに開業したい考えだ。13日には、地元の笹原観光まちづくり協議会のメンバーら約10人の協力を受け、土間の床部分を改装する下準備を行った。

 同協議会事務局の武安茂美さん(73)によると、区内には、日ごろ使われていない古民家が20戸近くあり、空き家問題が顕在化しているという。「古民家再生を事業の一つに掲げ、移住を促進している協議会からすれば、施設の開業は願ってもない提案」と武安さん。「土地の魅力を発信しながら、観光を手段としたまちづくりにつなげられれば」と期待を寄せる。隆一さんは「町おこしや、空き家問題を解決するプラットフォームにもなれば」と構想する。

 同協議会が作業に参加するのはこの日が初めて。参加者たちは、水をまいて砂ぼこりを抑えながらスコップで土を掘り起こすなどして、土間の仕上げ材の「三和土」を固めるための下地を整えた。これまで”ほぼ二人三脚”で改装を進めてきたという絢子さんは、「地元の元大工さんなど、多くの人に手伝っていただき、涙が出そうなくらいありがたい」と感謝していた。

 今後の展望について隆一さんは「子どもから高齢者まであらゆる世代が集える場所作りを目指す」。絢子さんは「ゆくゆくは地域の人たちの”なりわい”を創出することのできる施設となれば」と語った。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク