全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ドリンクを提供する。カフェスペースは平日の夜間、池田高校の生徒向けに学習スペースとしても開放する。

カフェ「SORA」をオープンした(左から)片山代表、椙木さん、中山さん

 元中学校教諭の片山代表(40)=池田町議=は2018年に池田町に移住し、町西1ノ9で学習塾「さくら塾」を開設。3年前に大通6の物件を取得し、書店や駄菓子店を相次いでオープン。昨年7月に塾も同所に移転した。

 次々と新規事業に挑戦するのは、人口減少に伴い町内事業者も減っていく中、移住者の自分を支えてくれた町の人たちに恩返しをしたい-との思いから。「こういうお店があったら良いと思うもの」(片山さん)を展開している。

 カフェの運営はいずれも町内在住の中山英理加さんと椙木茜さんに委託。2人は昨年から同所の一部屋を使ってリラクセーションサロンも開いている。

 カフェのメインは中山さんが作るおにぎりと椙木さんのクレープ。中山さんは父親の出身地である沖縄のソウルフード「ポークたまご」(500円)をはじめ、国産で無添加の食材を使う。椙木さんはクレープ(500円~、ミニサイズ300円~)の生地に米粉を使用するなど、ともに素材にこだわる。ブリトーやドリンクも提供する。

 2人とも子育て中で「池田は店が少ないので、若い人や子連れの人が気軽に寄れる店になれば」と話す。小さな子どももくつろげる小上がりもある。カフェの営業は午前11時半~午後5時。木、日曜定休。問い合わせは片山代表(090・6265・3528)へ。

 ◇ ◇ ◇

 カフェスペースは平日午後6時から同9時半まで、池田高校の生徒の自習スペースとして無料開放する。片山代表は「学習計画を立てたり、可能な限りサポートも行いたい」としている。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク