全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

地元産原料の麦焼酎、来春発売へ製品化 長野県飯島町の「水緑里七久保」

刈り取った六条大麦を手に、焼酎の製品化に向けて期待を高める竹澤秀幸社長

 多品目で農業生産を手掛ける長野県飯島町七久保の「水緑里七久保」は、自社栽培の六条大麦を原料にした麦焼酎の製品化事業に着手した。喜久水酒造(飯田市)に醸造を委託し、来春に発売する。同社創立20周年を記念した事業で、継続的な取り組みとして定番商品化を目指す考え。名称やラベルデザインは公募する予定だ。竹澤秀幸社長(73)は「飯島町七久保産100%原料の焼酎として、長く地元で愛される酒になれば」と期待する。

 米、麦、大豆、ソバ、リンゴ、栗を七久保地区で生産し、JAに出荷する同社。このうち六条大麦は20ヘクタールで栽培し、年間35トンを生産する。

 麦焼酎には、今月初めに1週間かけて刈り取った六条大麦「ファイバースノー」を350キロ使用。特別栽培米でコシヒカリの町内産ブランド「越百黄金」150キロを麹として用いる。

 初めての製品化に取り組む今回の事業について竹澤社長は「自社栽培の農産物を持続的に活用していくための一つの手法」と説明。「原料の生産から加工、販売までを手掛ける六次産業化することで地産地消を進め、地域に貢献していく」と意気込む。

 9月中旬から半年間醸造。720ミリリットル入り1000本を生産する。来年3月16日の創立20周年記念式典で披露し、4月から800本を1000円~1500円程度で販売する予定だ。

 自社やインターネット販売するため酒類小売免許も取得申請中で、町内周辺の小売店などでの取り扱いも進める。販売開始時にはイベントなどを行い、広くPRしていく考えだ。

関連記事

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

帯広・福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

節目おいしく 音更・ハピオ30周年ハピまん、帯広・東洋食肉10周年鶏まん

 今年で開店30周年を迎えた木野農協系スーパー・ハピオ(音更町、黒田浩光社長)と、開所10周年を迎えた東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)はそれぞれ、記念企画として新商品の中華まんじゅう...

長野日報社

南箕輪開発公社 ハナマルキとコラボの「塩こうじプリン」6日から販売 長野県

長野県の南箕輪村開発公社(原賢三郎社長)とみそ・醸造製品メーカー「ハナマルキ」(本社・伊那市)が塩こうじを使った「塩こうじプリン」を開発し、6日から販売を開始する。同公社が企画、販売する人気商...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク