全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ナイトツアーで自然の魅力体感 奄美大島、地元の親子ら招待

認定ガイドの案内で夜の森の生き物探しを楽しむ親子=8日、鹿児島県奄美市住用町

 鹿児島県奄美大島の奄美ナイトツアーガイド協会(横尾伸広会長、5事業所)は8日夜、奄美市住用町で親子観察会を開催した。国の特別天然記念物アマミノクロウサギのほか、アマミヤマシギやアマミイシカワガエル、オットンガエルなどの希少な生き物が次々と現れ、参加者は歓声を上げて夜の森の冒険を楽しんだ。

 親子観察会は、世界自然遺産にも登録された奄美の自然の魅力を地元の子どもたちに知ってもらい、観察のルールを学んでもらうとともに、環境保全への意識向上を図るのが目的。奄美群島認定エコツアーガイドとして同町の市道三太郎線でナイトツアーを展開している横尾会長らの発案で、地元の児童と保護者らに参加者を募った。

 8日は家族連れと教諭ら9人が参加。はじめに認定ガイドの井上祐輔さんが奄美大島の自然環境について▽温暖湿潤な気候で島の8割が森林に覆われている▽大昔に大陸から切り離され生き物が独自に進化した▽世界中でここにしかいない動植物がたくさんある―などと説明。

 横尾会長は外来種やロードキルの問題、事前予約制や速度制限などを定める三太郎線の夜間利用ルールなどにも触れ、「知ることから保全が始まる。ツアーを通して世界に誇る奄美の自然の魅力を感じてほしい」と呼び掛けた。

枝先で羽を休めるリュウキュウアカショウビン(上)と草をかじるアマミノクロウサギ

 横尾さんによると、暖かい東風が吹き時折小雨が降るこの日は「ナイトツアーのベストコンディション」。参加者は四輪駆動車2台に分乗して出発し、道路脇で草を食(は)むアマミノクロウサギや親子連れのアマミヤマシギ、枝先で眠るオオトラツグミやリュウキュウアカショウビン、さまざまに鳴き交わすアマミイシカワガエル、アマミハナサキガエル、オットンガエルと、それらを狙うハブやヒメハブなどを観察した。

 この日初めてアマミノクロウサギを見たという東城小学校の児童は「写真で見るよりも丸っこくてかわいい。毛の色が少し茶色いことも発見した。初めて夜の森に入ってとても楽しかった。次はケナガネズミを見てみたい」と笑顔で話していた。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク